F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

アルボン「タイヤのデグラデーションに苦戦。オコンを抜くほどのペースもなかった」:ウイリアムズ F1第5戦決勝

2024年4月23日

 2024年F1第5戦中国GPの決勝レースが行われ、ウイリアムズのアレクサンダー・アルボンは12位、ローガン・サージェントは17位でレースを終えた。


■アレクサンダー・アルボン(ウイリアムズ・レーシング)
決勝=12位(56周/56周)
14番グリッド/タイヤ:ミディアム→ミディアム→ハード

アレクサンダー・アルボン(ウイリアムズ)
2024年F1第5戦中国GP アレクサンダー・アルボン(ウイリアムズ)


 まずまずのレースだった。風が弱かったことには助けられたものの、レースを通じてタイヤのデグラデーションには苦労させられた。結局のところ、僕には(エステバン・)オコンを抜けるほどのペースはなかったし、彼のディフェンスも見事だった。


 今回はクルマの問題をいくつか理解できたけど、どれもすぐに手直しができるようなものではない。さらにパフォーマンスを改善するには、いくつかのアップグレードが必要だ。


 マイアミに目を向けると、僕らのクルマはこのサーキットよりもずっと向こうに合っていると思う。もっといい成績を残せるものと楽観的に考えているよ。


■ローガン・サージェント(ウイリアムズ・レーシング)
決勝=17位(56周/56周)
ピットレーン/タイヤ:ソフト→ミディアム→ハード

ローガン・サージェント(ウイリアムズ)
2024年F1第5戦中国GP ローガン・サージェント(ウイリアムズ)


 クルマをなかなか適切なウインドウに入れることができなくて、厳しい週末だった。週末を通じて、いいこともあれば悪いこともあった。何よりもまず、チームとしてどこをどう改善できるのか、正確に理解する必要がある。


 レースの前半は悪くなかった。ソフトでスタートしたのでいいペースで走れたし、その後はミディアムタイヤでもかなりいい位置にいた。僕らとしては、セーフティカーが出動しなければ、もっと良い結果を残せたと思う。予定どおりにミディアムからミディアムへつなぐ方が、僕のクルマには合っていただろうね。ハードに履き替えた時点から、タイヤのスイッチを入れて機能させることができず、デグラデーションに苦しんだからだ。


 セーフティカー中の違反に対するペナルティは、結果にはまったく影響を及ぼさなかった。僕としては、こっちが先にセーフティカーラインを通過したと思っていた。双方のクルマにあれほどの速度差があると、正確にどっちが前だったかなんて知りようがない。



(autosport web Translation:Kenji Mizugaki)




レース

6/21(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
6/22(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 23:00〜
6/23(日) 決勝 22:00〜


ドライバーズランキング

※カナダGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン194
2位シャルル・ルクレール138
3位ランド・ノリス131
4位カルロス・サインツ108
5位セルジオ・ペレス107
6位オスカー・ピアストリ81
7位ジョージ・ラッセル69
8位ルイス・ハミルトン55
9位フェルナンド・アロンソ41
10位角田裕毅19

チームランキング

※カナダGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング301
2位スクーデリア・フェラーリ252
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム212
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム124
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム58
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム28
7位マネーグラム・ハースF1チーム7
8位BWTアルピーヌF1チーム5
9位ウイリアムズ・レーシング2
10位ステークF1チーム・キック・ザウバー0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第10戦スペインGP 6/23
第11戦オーストリアGP 6/30
第12戦イギリスGP 7/7
第13戦ハンガリーGP 7/21
第14戦ベルギーGP 7/28
  • 最新刊
  • F1速報

    Vol.6 第7戦エミリア・ロマーニャGP & 第8戦モナコGP & 第9戦カナダGP号