F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

現状打破を急ぐアルピーヌ、中国GPでふたたびのアップデート。オコン車に1戦前倒しで新フロア投入へ

2024年4月18日

 ブルーノ・ファミンが、アルピーヌF1を昨季2023年後半の水準に戻すことを誓ったことには、エンストンのスタッフのモチベーションを高める以上の意味があった。今週末4月19〜21日に行われる中国GPのプレビューでアルピーヌは、上海インターナショナル・サーキットに持ち込むのに間に合うよう新しいフロアの製造を加速でき、エステバン・オコンにその新パーツが与えられることが明らかにされた。


 一方、チームメイトのピエール・ガスリーには10日前の鈴鹿で投入された最初のアップデート仕様の『A524』が用意されるという。


 アルピーヌの加速された開発プログラムは、エンストンのファクトリーで大いに活発化している様子が見られている。新たな技術指揮系統が、失われたパフォーマンスを取り戻すために必要な多くのリスクを取ることにゴーサインを出したためだ。新しいフロアはA524の初期開発の大きな部分を占めており、チームは新たなアップグレードによって1周あたり約0.25秒タイムを縮められると考えている。


 これは、通常どれだけのアップグレード価値があるかを考えるとかなりのもののように思えるが、裏を返せばすでに辞任しているマット・ハーマンとディルク・デ・ビアのリーダーシップの下で開発されたマシンの初期設計がいかに貧弱であったかを示している。

現状打破を急ぐアルピーヌ、中国GPでふたたびのアップデート。オコン車に1戦前倒しで新フロア投入へ
エステバン・オコン(アルピーヌ) 2024年F1第4戦日本GP


 チームを率いるファミンは、中国GPに向けたいつものプレビューで次のように付け加えた。「日本での前回のレースは、パフォーマンスレベルを向上させるために我々がどれだけ大きな課題を抱えているかを強調した。より高いポジションを争うために、マシンのパフォーマンスを上げなければならない」


「鈴鹿でマシンに最初のアップデートを投入できたのはよかったが、我々はさらにやらなければならない」


 彼は続けて、「チームは懸命な作業を行っており、今週末は予定(していた第6マイアミGP)より1レース早く、1台のマシンをアップグレードすることができるようになった」と明かした。


 上海のイベントでは同じ構成のフロアのスペアがないため、土曜日の予選開始後に新しいフロアにダメージが生じた場合、オコンはピットレーンからスタートしなければならないリスクに直面することになる。


 しかし、新しいスプリントイベントのフォーマットでは、フリー走行、スプリント・シュートアウト、スプリント・レースからなる週末の最初の3つのセッションでパーツのセットアップ仕様を変更しても、ペナルティが科されることはない。そのため、新しいアップグレードが損傷を受けた場合でも古いフロアに戻すことができるため、オコンのプレッシャーはいくらか軽減されるだろう。



(Grandprix.com
Translation: AKARAG)




レース

5/24(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
5/25(土) フリー走行3回目 19:30〜20:30
予選 23:00〜
5/26(日) 決勝 22:00〜


ドライバーズランキング

※エミリア・ロマーニャGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン161
2位シャルル・ルクレール113
3位セルジオ・ペレス107
4位ランド・ノリス101
5位カルロス・サインツ93
6位オスカー・ピアストリ53
7位ジョージ・ラッセル44
8位ルイス・ハミルトン35
9位フェルナンド・アロンソ33
10位角田裕毅15

チームランキング

※エミリア・ロマーニャGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング268
2位スクーデリア・フェラーリ212
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム154
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム79
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム44
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム20
7位マネーグラム・ハースF1チーム7
8位BWTアルピーヌF1チーム1
9位ウイリアムズ・レーシング0
10位ステークF1チーム・キック・ザウバー0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第8戦モナコGP 5/26
第9戦カナダGP 6/9
第10戦スペインGP 6/23
第11戦オーストリアGP 6/30
第12戦イギリスGP 7/7
  • 最新刊
  • F1速報

    Vol.5 第5戦中国GP & 第6戦マイアミGP