F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

F1が2024年スプリントのカレンダーを発表。初の中国&マイアミを含む6戦で開催へ

2023年12月6日

 フォーミュラ1が、12月5日、2024年シーズン中にスプリントイベントを行うグランプリを発表した。2023年と同様に、6戦がスプリント・フォーマットで開催される。


 スプリント・フォーマットは、通常の週末には3回行われるフリープラクティスの2回をスプリントの約100kmのミニレースとスプリント用予選に置き換えるもので、2021年から一部のグランプリで導入されてきた。スプリントのレギュレーションは毎年変更が加えられ、今年は土曜を完全にスプリントデーとして、スプリントのグリッドを決定するスプリント・シュートアウトとスプリントを実施、日曜決勝用の予選を金曜に実施する形だった。スプリントではポイントはトップ8に与えられた。


 スプリント・フォーマットによって金曜日の観客数が増えたということで、ニールセンの調査によると、金曜の視聴率もFP2が予選に変更されることで大きく向上したことが確認されたという。


 2023年は、アゼルバイジャンGP、オーストリアGP、ベルギーGP、カタールGP、アメリカGP、サンパウロGP(ブラジルGP)がスプリント・フォーマットで開催された。2024年にスプリント・フォーマットが導入されるグランプリは以下の6戦になる。


■2024年F1スプリントカレンダー
第5戦 中国(上海):4月19日〜21日
第6戦 マイアミ(マイアミ):5月3日〜5日
第11戦 オーストリア(シュピールベルク):6月28日〜30日
第19戦 アメリカ(オースティン):10月18日〜20日
第21戦 ブラジル(サンパウロ):11月1日〜3日
第23戦 カタール(ルサイル):11月29日〜12月1日


 昨年から継続となるのは、オーストリア、アメリカ、サンパウロ、カタールで、中国とマイアミは初のスプリントでの開催になる。中国GPは新型コロナウイルス感染症のパンデミックの影響で、2020年から中止されてきたが、2024年に久々にF1カレンダーに復帰する。

2019年F1中国GP
2019年F1中国GP


 11月に実施されたF1コミッション会合では、2024年にスプリント・フォーマットを変更し、グランプリのセッションとスプリントを分離し、週末を合理化するという点で合意に達した。スポーツ諮問委員会が、セッションのタイミングおよびパルクフェルメのレギュレーションを中心に、詳細について検討し、F1コミッションの2024年最初の会合で最終提案を提出する予定となっている。


 2024年には、スプリント・シュートアウトを金曜日に移動し、土曜日にスプリントと決勝用予選を実施するという流れに変更されることが予想されている。



(autosport web)




レース

2/29(木) フリー走行1回目 20:30〜21:30
フリー走行2回目 24:00〜25:00
3/1(金) フリー走行3回目 21:30〜22:30
予選 25:00〜
3/2(土) 決勝 24:00〜


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン575
2位セルジオ・ペレス285
3位ルイス・ハミルトン234
4位フェルナンド・アロンソ206
5位シャルル・ルクレール206
6位ランド・ノリス205
7位カルロス・サインツ200
8位ジョージ・ラッセル175
9位オスカー・ピアストリ97
10位ランス・ストロール74

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング860
2位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム409
3位スクーデリア・フェラーリ406
4位マクラーレンF1チーム302
5位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラ1チーム280
6位BWTアルピーヌF1チーム120
7位ウイリアムズ・レーシング28
8位スクーデリア・アルファタウリ25
9位アルファロメオF1チーム・ステーク16
10位マネーグラム・ハースF1チーム12

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第1戦バーレーンGP 3/2
第2戦サウジアラビアGP 3/9
第3戦オーストラリアGP 3/24
第4戦日本GP 4/7
第5戦中国GP 4/21
  • 最新刊
  • F1速報

    2023年総集編