F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

サージェントのウイリアムズF1残留、アメリカの新スポンサー契約が後押しか

2023年12月3日

 ウイリアムズF1チームは、ローガン・サージェントが2024年に残留すると12月1日に発表したが、最終戦アブダビGPの時点でそれが決定事項であることは明らかだった。


 まず、決勝後の無線で、サージェントに対してレースエンジニアのガエタン・ジェゴは、良いレースをしたことを褒めた後、「来年が楽しみだな、相棒」と言った。さらにウイリアムズがアブダビGP後のタイヤテストにサージェントを起用していたことも、契約延長が確定していることの証だった。


 ウイリアムズのある関係者によると、チームにとって2024年セカンドシートの最有力候補は常にサージェントだったという。その理由は、チームが彼のポテンシャルを信じていること、これまで彼の成長のためにかなりの投資を行ってきたことだという。1年でサージェントを切り捨てて別のルーキーを選んだ場合、育成のために結局は次の1シーズンを費やすことになる。それは無駄だとウイリアムズは考えたわけだ。

2023年F1第19戦アメリカGP ローガン・サージェント(ウイリアムズ)
2023年F1第19戦アメリカGP ローガン・サージェント(ウイリアムズ)


 サージェントがアメリカ人であることも、彼の残留を助ける要因となった。ウイリアムズの唯一の株主ドリルトン・キャピタルはアメリカ市場にかなりの投資を行っている。さらに、F1のCEOステファノ・ドメニカリは、F1ドライバーラインアップにアメリカ人と中国人を常に含めて、両国でのF1人気を促進することを望んでいる。


 さらに、2024年にアメリカに本拠を置く銀行がウイリアムズの主要スポンサーになるといううわさがある。そうであれば、ウイリアムズにとって、アメリカ人ドライバーを走らせる必要性が高まる。

ローガン・サージェント(ウイリアムズ)
2023年F1第19戦アメリカGP ローガン・サージェント(ウイリアムズ)


 こういった要因により、ウイリアムズはサージェントを残留させることを決め、ルーキーがF1デビューを果たすチャンスが消滅した。


 FIA F2で活躍したドライバーたちがF1昇格のチャンスを得られずにいることが、F2の価値に疑問を投げかけている。2022年チャンピオンのフェリペ・ドルゴヴィッチ、2023年チャンピオンのテオ・プルシェールをはじめ、フレデリック・ベスティ、ジャック・ドゥーハンなどがF1シートをつかめずにいる。



(Grandprix.com)




レース

2/29(木) フリー走行1回目 20:30〜21:30
フリー走行2回目 24:00〜25:00
3/1(金) フリー走行3回目 21:30〜22:30
予選 25:00〜
3/2(土) 決勝 24:00〜


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン575
2位セルジオ・ペレス285
3位ルイス・ハミルトン234
4位フェルナンド・アロンソ206
5位シャルル・ルクレール206
6位ランド・ノリス205
7位カルロス・サインツ200
8位ジョージ・ラッセル175
9位オスカー・ピアストリ97
10位ランス・ストロール74

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング860
2位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム409
3位スクーデリア・フェラーリ406
4位マクラーレンF1チーム302
5位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラ1チーム280
6位BWTアルピーヌF1チーム120
7位ウイリアムズ・レーシング28
8位スクーデリア・アルファタウリ25
9位アルファロメオF1チーム・ステーク16
10位マネーグラム・ハースF1チーム12

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第1戦バーレーンGP 3/2
第2戦サウジアラビアGP 3/9
第3戦オーストラリアGP 3/24
第4戦日本GP 4/7
第5戦中国GP 4/21
  • 最新刊
  • F1速報

    2023年総集編