F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ウイリアムズF1がサージェントとの2024年契約を発表。来季20人のドライバーラインアップは今季と同一に

2023年12月2日

 ウイリアムズ・レーシングは、2024年に向けて、ローガン・サージェントとのF1レースドライバー契約を延長したことを発表した。2023年にウイリアムズからF1デビューを飾ったサージェントは、来年、同チームとの2年目のシーズンを送ることになる。


 アメリカ出身のサージェントは、2021年後半にウイリアムズ・ドライバー・アカデミーのメンバーとしての契約を結び、2022年にFIA F2に参戦し、ランキング4位を獲得。ウイリアムズは、ニコラス・ラティフィの後任として、2023年にサージェントを選び、F1デビューさせた。


 デビューイヤーのサージェントは、チームメイトのアレクサンダー・アルボンとのパフォーマンス差を縮めていくことができず、苦戦する日々が続いた。しかし第19戦アメリカGPで10位初入賞を達成、サージェントはチームが満足する向上を果たしたと、ウイリアムズは述べている。


「22歳のローガンは、F1デビューイヤーにおいて、30年ぶりにF1でポイントを獲得したアメリカ人ドライバーになった」と、ウイリアムズは、12月1日に行った来季契約発表に際してコメントした。


「ルーキーシーズンを終えた彼は、最高レベルでパフォーマンスを発揮するために必要な基本的なスピードを示し、その基礎の上にレースごとに向上を重ねていき、我々のラインアップにおける地位を固めた」


「ローガンの本物のスキルとアレックスの経験の組み合わせが、2024年シーズンの成功につながると、(本社)グローブの全員が確信している」

ローガン・サージェント(ウイリアムズ)
ローガン・サージェント(ウイリアムズ)


 チーム代表ジェイムズ・ボウルズは、「ローガンは世界を舞台にした戦いにおいてプレッシャーにさらされながらも、素晴らしいスキルを発揮した。彼は我々のチームに完璧にフィットする存在だ」と述べた。


「我々は彼の能力に大きな信頼を抱いており、力を合わせて来シーズン、さらに大きな成功を収めることができると確信している」

2023年F1第19戦アメリカGP ローガン・サージェント(ウイリアムズ)


 サージェントは「2024年シーズンにウイリアムズに残留することになり、興奮している」と喜びを語った。


「チームと共に素晴らしい旅路を歩んできた。優れた才能を持ち、努力を惜しまないこのグループのなかで、ドライバーとして成長し続ける機会を与えられたことに感謝している」


「僕たちは将来に向けてエキサイティングな計画を持っている。来年のチームの成功に貢献するのが楽しみだ」


 サージェントのウイリアムズ残留が決まったことで、2024年F1全ドライバーが確定、2023年最終戦時点のラインアップが引き継がれることになった。



(autosport web)




レース

2/29(木) フリー走行1回目 20:30〜21:30
フリー走行2回目 24:00〜25:00
3/1(金) フリー走行3回目 21:30〜22:30
予選 25:00〜
3/2(土) 決勝 24:00〜


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン575
2位セルジオ・ペレス285
3位ルイス・ハミルトン234
4位フェルナンド・アロンソ206
5位シャルル・ルクレール206
6位ランド・ノリス205
7位カルロス・サインツ200
8位ジョージ・ラッセル175
9位オスカー・ピアストリ97
10位ランス・ストロール74

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング860
2位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム409
3位スクーデリア・フェラーリ406
4位マクラーレンF1チーム302
5位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラ1チーム280
6位BWTアルピーヌF1チーム120
7位ウイリアムズ・レーシング28
8位スクーデリア・アルファタウリ25
9位アルファロメオF1チーム・ステーク16
10位マネーグラム・ハースF1チーム12

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第1戦バーレーンGP 3/2
第2戦サウジアラビアGP 3/9
第3戦オーストラリアGP 3/24
第4戦日本GP 4/7
第5戦中国GP 4/21
  • 最新刊
  • F1速報

    2023年総集編