F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ペナルティに不満のペレス、スチュワードを批判したとして戒告処分。“個人的な侮辱”と見なされる/F1第23戦

2023年11月28日

 レッドブルのセルジオ・ペレスは、F1第23戦アブダビGPのスチュワードをレース後に個人的に侮辱したことに対して、予想されていた通りFIAから正式に戒告処分を受けた。


 ヤス・マリーナ・サーキットでのF1シーズン最終戦の終盤、ペレスはマクラーレンのランド・ノリスとターン6の出口で接触した。マシンに損傷はなかったが、スチュワードはこの動きを調査対象とし、衝突を引き起こしたとして最終的にペレスに5秒ペナルティを科した。


 この制裁で表彰台圏内から4位へ降格することになったペレスは、ペナルティに納得しなかった。


「スチュワードはまるで冗談だ。信じられないよ。今年の彼らは本当におかしいし、これはジョークだ。まったくの冗談だよ」とペレスは無線でチームに語った。


 ペレスはこのコメントによってレース後にスチュワードのオフィスに行くことになり、そこでレースオフィシャルに対する違法行為を規定した国際競技規則12.2.1条Kに違反したとみなされた。裁定のなかでスチュワードは、ペレスの公の場での批判には何の問題もないが、“個人的な侮辱”は容認できず、12.2.1条Kに違反していると述べた。


 スチュワードは以下のような裁定を下した。


「スチュワードは同ドライバーに対し、スチュワードの決定に異議を唱えることに問題はないが、個人的な侮辱にあたるコメントは国際競技規則に違反すると説明した」


「スチュワードは、彼らが無線コメントの主題であったためこの問題と明らかに対立しており、通常であればこの問題は次回のスチュワード委員会に付託されると指摘した。しかしながら今回はシーズン最後のイベントであるため、この件についてその場で対処する必要があった」


「同ドライバーは、各スチュワードに心からの誠実な謝罪を行い、その瞬間の勢いでコメントをしたこと、それが放送されるという事実やその影響を考慮しなかったことを説明した」


「彼は自身のコメントが誰かを不快にさせたり、スポーツに損害を与えたりしたことについて遺憾の意を表し、そうしたことを避けるよう努めると述べた。スチュワードは彼の声明と謝罪を受け入れる。スチュワードはまた、同ドライバーがそうしたコメントを発するような人物として知られているわけではなく、スチュワードのヒアリングでは常に極めて丁重であったことを指摘しておく」

セルジオ・ペレス(レッドブル)
2023年F1第23戦アブダビGP ヒュー・バード&セルジオ・ペレス(レッドブル)



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

2/29(木) フリー走行1回目 20:30〜21:30
フリー走行2回目 24:00〜25:00
3/1(金) フリー走行3回目 21:30〜22:30
予選 25:00〜
3/2(土) 決勝 24:00〜


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン575
2位セルジオ・ペレス285
3位ルイス・ハミルトン234
4位フェルナンド・アロンソ206
5位シャルル・ルクレール206
6位ランド・ノリス205
7位カルロス・サインツ200
8位ジョージ・ラッセル175
9位オスカー・ピアストリ97
10位ランス・ストロール74

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング860
2位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム409
3位スクーデリア・フェラーリ406
4位マクラーレンF1チーム302
5位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラ1チーム280
6位BWTアルピーヌF1チーム120
7位ウイリアムズ・レーシング28
8位スクーデリア・アルファタウリ25
9位アルファロメオF1チーム・ステーク16
10位マネーグラム・ハースF1チーム12

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第1戦バーレーンGP 3/2
第2戦サウジアラビアGP 3/9
第3戦オーストラリアGP 3/24
第4戦日本GP 4/7
第5戦中国GP 4/21
  • 最新刊
  • F1速報

    2023年総集編