F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

バルテリ・ボッタスが監修したグラベルロードバイクが登場。世界限定100台

2023年5月25日

 自転車の製造・販売を手がけるドイツのキャニオンは、同社のアンバサダーを務めるバルテリ・ボッタスとコラボレーションした特別デザインのグラベルロードバイク『グレイルCF SL VB77』を世界限定100台で発売した。同モデルのフレームやホイールにはボッタスの母国フィンランドを象徴するイラストがあしらわれている。


 今季もアルファロメオF1のステアリングを握るボッタスは、自ら自転車のグラベルレース大会をプロデュースするほどの情熱的なサイクリストでもある。


 レーシングドライバーの中には、持久力強化のためのスポーツ自転車でのトレーニングを取り入れるドライバーもいるが、ボッタスは世界各地のサーキットを転戦する際にもロードバイクやグラベルロードバイクを持参するほど。


 また、つかの間のオフにはパートナーでプロサイクリストのティファニー・クロムウェル(キャニオン-スラムレーシング所属)とともにサイクリングを楽しんでいることでも知られている。

バルテリ・ボッタスとコラボした特別デザインのグラベルロードバイク『グレイルCF SL VB77』
バルテリ・ボッタスとコラボした特別デザインのグラベルロードバイク『グレイルCF SL VB77』


 そんなボッタスとキャニオンのパートナーシップを記念し、ボッタスがフィンランドでプロデュースするグラベルレース大会『フィンランド・グラベル』開催に合わせ、フィンランドを象徴するイラストをフレームやホイールにあしらった、特別デザインのグラベルロードバイク『グレイルCF SL VB77』が世界100台限定で販売されることとなった。


『グレイルCF SL VB77』は路面からの衝撃と振動を打ち消すため画期的な二階建て構造のハンドルを搭載する一方、ロードバイクよりもホイールベースを延長しつつ、短めのステムと広めのハンドルという、最新のマウンテンバイクの設計手法が取り入れられたモデルだ。

路面からの衝撃と振動を打ち消すため二階建て構造のハンドルを搭載
路面からの衝撃と振動を打ち消すため二階建て構造のハンドルを搭載


 完成車平均重量は8.46kg。価格は539、000円となるが、ト?イツから日本への配送料21、500円か?別途かかるほか、キャニオン社は自社サイトのみを通じて商品を直接販売するD2Cメーカーであるため、購入の際は個人輸入の形態となる。そのため消費税、関税などについてはキャニオン公式ストアを確認してほしい。

■グレイルCF SL VB77の仕様

フレーム:Canyon Grail CF SL Disc(カーボン)
シートポスト:Canyon S15 VCLS 2.0 CF(カーボン)
サドル:Fizik Argo Terra X3
メインコンポーネント:SRAM Rival XPLR eTap AXS
ホイール:Zipp 303 Firecrest Force Launch Edition(カーボン)
タイヤ:Schwalbe G-One R、 40mm チューブレスレディ
*出荷時はチューブ入りのクリンチャー仕様。別売りのシーラント液とチューブレスバルブの使用により、チューブレス化可能。
完成車平均重量:8.46kg

■キャニオン公式ストア『グレイルCF SL VB77』特設ページ

URL:https://www.canyon.com/ja-jp/gravel-bikes/performance/grail/cf-sl/vb77/

『グレイルCF SL VB77』に乗るバルテリ・ボッタス
『グレイルCF SL VB77』に乗るバルテリ・ボッタス

グラベル用途に最適なリム内幅25mmのZipp(ジップ)社製ホイールを採用
グラベル用途に最適なリム内幅25mmのZipp(ジップ)社製ホイールを採用

『グレイルCF SL VB77』に乗るバルテリ・ボッタス
『グレイルCF SL VB77』に乗るバルテリ・ボッタス

『グレイルCF SL VB77』とサウナに入るバルテリ・ボッタス
『グレイルCF SL VB77』とサウナに入るバルテリ・ボッタス



(Takahiro Kawano / autosport web)




レース

4/19(金) フリー走行 12:30〜13:30
スプリント予選 16:30〜17:14
4/20(土) スプリント 12:00〜13:00
予選 16:00〜
4/21(日) 決勝 16:00〜


ドライバーズランキング

※日本GP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン77
2位セルジオ・ペレス64
3位シャルル・ルクレール59
4位カルロス・サインツ55
5位ランド・ノリス37
6位オスカー・ピアストリ32
7位ジョージ・ラッセル24
8位フェルナンド・アロンソ24
9位ルイス・ハミルトン10
10位ランス・ストロール9

チームランキング

※日本GP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング141
2位スクーデリア・フェラーリ120
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム69
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム34
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム33
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム7
7位マネーグラム・ハースF1チーム4
8位ウイリアムズ・レーシング0
9位ステークF1チーム・キック・ザウバー0
10位BWTアルピーヌF1チーム0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第5戦中国GP 4/21
第6戦マイアミGP 5/5
第7戦エミリア・ロマーニャGP 5/19
第8戦モナコGP 5/26
第9戦カナダGP 6/9
  • 最新刊
  • F1速報

    Vol.3 第2戦サウジアラビアGP&第3戦オーストラリアGP