F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ピレリF1、第4〜6戦のタイヤコンパウンド選択を発表。特別フォーマットの予選を行うイモラではセット数を変更

2023年4月12日

 F1タイヤサプライヤーのピレリは、2023年第4戦アゼルバイジャンGP、第5戦マイアミGP、第6戦エミリア・ロマーニャGPに持ち込む3つのコンパウンドを明らかにした。


 4月28〜30日にバクー・ストリートサーキットで開催されるアゼルバイジャンには、ホワイトハードにC3、イエローミディアムにC4、レッドソフトにC5と、最もソフト寄りの組み合わせが選ばれた。これは、タイトなコーナーや最高速度340km/hに達する長いストレートを持つバクーの特性に適した選択であるという。


 5月5〜7日のマイアミには、19のコーナーと3本の長いストレートがあるマイアミ・インターナショナル・オートドロームのために、汎用性を重視して、ハードにC2、ミディアムにC3、ソフトにC4が選ばれた。


 上記2戦については、昨年と同じコンパウンドが導入されるが、5月19〜21日、イモラで開催されるエミリア・ロマーニャGPには、2022年より一段階ソフト寄りのラインアップ、つまりハードにC3、ミディアムにC4、ソフトにC5が選択された。これは、路面のタイヤへの攻撃性が低く、昨年、タイヤの摩耗が抑えられていたことが確認されたからだという。

2023年F1第2戦サウジアラビアGP ピレリF1タイヤ
2023年F1第2戦サウジアラビアGP ピレリF1タイヤ


 イモラでは新しい予選フォーマットのテストが行われる。各セッションでひとつのコンパウンドしか使用できないというシステムで、Q1ではハード、Q2ではミディアム、Q3ではソフトの使用のみに制限される。この“Alternative Tyre Allocation”(ATA/代替的なタイヤ配分)はイモラの他に今季もう1戦実施される予定だが、具体的な時期は決定していない。予選システムが通常とは異なるため、イモラでは1台あたりに割り当てられるタイヤセット数が13セットから11セットに減らされる。


 なお、イモラには、タイヤブランケットを必要としない新しいフルウエットタイヤが導入されることも決まっている。

2023年F1第1〜6戦のタイヤコンパウンド選択
2023年F1第1〜6戦のタイヤコンパウンド選択



(autosport web)




レース

4/19(金) フリー走行 12:30〜13:30
スプリント予選 16:30〜17:14
4/20(土) スプリント 12:00〜13:00
予選 16:00〜
4/21(日) 決勝 16:00〜


ドライバーズランキング

※日本GP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン77
2位セルジオ・ペレス64
3位シャルル・ルクレール59
4位カルロス・サインツ55
5位ランド・ノリス37
6位オスカー・ピアストリ32
7位ジョージ・ラッセル24
8位フェルナンド・アロンソ24
9位ルイス・ハミルトン10
10位ランス・ストロール9

チームランキング

※日本GP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング141
2位スクーデリア・フェラーリ120
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム69
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム34
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム33
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム7
7位マネーグラム・ハースF1チーム4
8位ウイリアムズ・レーシング0
9位ステークF1チーム・キック・ザウバー0
10位BWTアルピーヌF1チーム0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第5戦中国GP 4/21
第6戦マイアミGP 5/5
第7戦エミリア・ロマーニャGP 5/19
第8戦モナコGP 5/26
第9戦カナダGP 6/9
  • 最新刊
  • F1速報

    Vol.3 第2戦サウジアラビアGP&第3戦オーストラリアGP