F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【動画】レッドブルF1とフェルスタッペンがサーキット1周の“瞬き回数”を検証。驚きの結果が判明

2023年4月10日

 F1ドライバーたちは、最高速度300km/hオーバーという驚異的なスピード領域でマシンをコントロールすることが求められる。おそらく彼ら以上に『瞬き(まばたき)をする暇もない』という言葉を身を持って知る人はいないだろう。では実際のところ、彼らはいったいいつ瞬きをしているのだろうか。レッドブルがマックス・フェルスタッペンとともに検証を行った。


 実験では、フェルスタッペンがシミュレーターでバーレーン・インターナショナル・サーキットを1周する間に、何回瞬きをしたのかが計測される。アタック中はシミュレータードライバーのセバスチャン・ジョブによるコース解説が付けられ、フェルスタッペンのペダルワークを撮影するためのカメラも設置。さらに彼の目元を映した『瞬きカメラ』の映像も準備された。


 結果は驚くべきものだった。1周のアタックを終える1分30秒の間に、彼が目をつむったのはわずか4回。一般的に人間は3秒に1回は瞬きしていると言われているため、これは極めて少ない数だ。


 そして『瞬きカメラ』の映像を注意深く見てみると、さらなる事実が判明する。フェルスタッペンは確かに4回瞬きをしているのだが、それはすべてストレートの途中だった。彼はコーナリング時やブレーキング中には必ず目を開いてモニターを注視していたのだ。


 おそらくこれは偶然ではない。人間が1回瞬きをすると、約0.3秒に渡って視覚からの情報が失われると言われている。仮にストレートエンドに時速300km/hでさしかかっているときにこれを行うと、ドライバーはこの0.3秒の間に約25mも進んでしまう。これでは正確にブレーキングポイントを捉えることはできない。おそらくフェルスタッペンは無意識にそうなるのを避けて、比較的余裕のあるストレートの中盤で瞬きをしているのだ。


『一瞬』や『瞬く間』のように、瞬きは極めて短い間を例える意味でも使われる。しかし、1000分の1秒を争うF1ドライバーにとって0.3秒は決して『一瞬』ではない。F1ドライバーがいかに常人離れした身体能力を持っているかは、瞬きひとつからも見えてくるのだ。

■Does Max Verstappen ever blink? | Oracle Virtual Laps at BahrainGP



(autosport web)




レース

4/5(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
4/6(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
4/7(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※日本GP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン77
2位セルジオ・ペレス64
3位シャルル・ルクレール59
4位カルロス・サインツ55
5位ランド・ノリス37
6位オスカー・ピアストリ32
7位ジョージ・ラッセル24
8位フェルナンド・アロンソ24
9位ルイス・ハミルトン10
10位ランス・ストロール9

チームランキング

※日本GP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング141
2位スクーデリア・フェラーリ120
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム69
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム34
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム33
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム7
7位マネーグラム・ハースF1チーム4
8位ウイリアムズ・レーシング0
9位ステークF1チーム・キック・ザウバー0
10位BWTアルピーヌF1チーム0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第4戦日本GP 4/7
第5戦中国GP 4/21
第6戦マイアミGP 5/5
第7戦エミリア・ロマーニャGP 5/19
第8戦モナコGP 5/26
  • 最新刊
  • F1速報

    Vol.3 第2戦サウジアラビアGP&第3戦オーストラリアGP