F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ノリス、MCL60のドラッグの大きさにショックを受けたと明かす「DRSが助けになっているとは思えない」

2023年4月11日

 ランド・ノリスはマクラーレンの2023年型マシン『MCL60』について、DRSの助けがあったとしてもそのストレートスピードは散々なもので、特に土曜日には大きな足枷となっていると強調した。


 マクラーレンはF1第3戦オーストラリアGPで2023年の初ポイントを獲得した。ノリスとチームメイトのオスカー・ピアストリはメルボルンの大混乱をかわし、波乱の1日の終わりにノリスが7位、ピアストリが9位に入賞した。


 マクラーレンのふたりは、主に空力効率の欠如に起因するMCL60のマシンパフォーマンスに苦戦してきた。DRSがオープンになっていても、設計上ドラッグが過度にあることが、理論的にマシンの最大速度に影響を及ぼしている。


「僕たちのストレートスピードはすごく遅い。DRSが助けになっているとは思えない」とノリスはメルボルンで説明した。


「DRSがあってもどれだけ遅いか、DRSをオープンにしてもどれだけドラッグが大きいかということに、今もショックを受けている。僕たちが時速数km速くなったとしても、時速10kmから15kmを稼いでいるマシンもいるから、レベルが違う。だから今のところ土曜日が僕たちの最大の弱点だ。特に(アルバートパークの)4カ所のDRSゾーンでは、どうしたって僕たちに有利にはならない」


「でもそのことは理解している。どうしたらもっと改善して効率的にできるか、その方法を見つけるために熱心に取り組んでいるところだ」

ランド・ノリス(マクラーレン)
2023年F1第3戦オーストラリアGP ランド・ノリス(マクラーレン)


 レースがない4月の3週間のうちに、マクラーレンは多くのマシンアップデートの準備のために懸命な作業を行う。そのうちの一部は次のアゼルバイジャンGPに間に合うよう導入される予定だが、夏半ばまでにはBスペックのマシンがコースに登場するとみられる。


 しかしノリスは、短期間で大きな進歩があるとは期待していない。


「大幅に改善するにはしばらく時間がかかるだろう。僕たちは努力しているけれど、土曜日が難しい状況になるのはきついし、日曜日はさらに厳しくなる」


「でも、オーストラリアGPのような日があるから、ハードワークが報われることは保証されている」

アンドレア・ステラ代表&ランド・ノリス(マクラーレン)
2023年F1第3戦オーストラリアGP アンドレア・ステラ代表&ランド・ノリス(マクラーレン)



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

4/5(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
4/6(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
4/7(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※日本GP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン77
2位セルジオ・ペレス64
3位シャルル・ルクレール59
4位カルロス・サインツ55
5位ランド・ノリス37
6位オスカー・ピアストリ32
7位ジョージ・ラッセル24
8位フェルナンド・アロンソ24
9位ルイス・ハミルトン10
10位ランス・ストロール9

チームランキング

※日本GP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング141
2位スクーデリア・フェラーリ120
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム69
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム34
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム33
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム7
7位マネーグラム・ハースF1チーム4
8位ウイリアムズ・レーシング0
9位ステークF1チーム・キック・ザウバー0
10位BWTアルピーヌF1チーム0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第4戦日本GP 4/7
第5戦中国GP 4/21
第6戦マイアミGP 5/5
第7戦エミリア・ロマーニャGP 5/19
第8戦モナコGP 5/26
  • 最新刊
  • F1速報

    Vol.3 第2戦サウジアラビアGP&第3戦オーストラリアGP