F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

元F1王者ジョーンズ、同胞リカルドのF1復帰は考えられないと主張「調子が落ちた理由をわかっているとは思えない」

2023年3月30日

 F1世界チャンピオンとなった直近のオーストラリア人ドライバーはアラン・ジョーンズだが、彼は同じオーストラリア人のダニエル・リカルドが今後F1の戦いに復帰するところを「想像できない」と述べている。


 リカルドとマクラーレンは2023年末までの契約を締結していたが、契約期間を1年短縮することに双方が合意したため、リカルドは2022年シーズン末にマクラーレンを離れた。彼のチームにおける成績が期待外れものだったためだ。リカルドはその後、レッドブルでサードドライバーに就任したが、チーム代表のクリスチャン・ホーナーは、8度の優勝経験のあるリカルドを今シーズンにマシンに乗せる予定はないと明言した。


 今週メルボルンで開催されるオーストラリアGPに先立つインタビューで、リカルドの苦境を振り返ったジョーンズは、リカルドがグリッドから脱落したのは彼自身に責任があると考えている。


「彼が、(なぜ調子を落としたのか)自分でわかっているとは思わない。彼は興味をなくしたのだと思う」とジョーンズは語った。


「私の意見だが、彼はコクピットにいるよりもそれ以外の活動に集中し、少し時間を使いすぎたのだと思う。それが私の意見だ」

2022年F1アメリカGP ダニエル・リカルド(マクラーレン)
2022年F1アメリカGP ダニエル・リカルド(マクラーレン)


 ジョーンズは、不測の事態が起きない限り、リカルドが2024年にF1でレースをすることはないと考えている。


「現在のふたりのドライバーに何かが起きない限り、レッドブルで彼がドライブすることはないと思う」


「彼がグランプリに出ているところが想像できない。私は(リカルドが2024年にグリッドに戻ることを)疑っている。結局のところ、レッドブルが(セルジオ・)ペレスと再契約しない理由はないだろうし、(マックス・)フェルスタッペンについては明らかだ」


「フェラーリで誰かが辞めたり去ったりするとも思えないので、彼がどこへ行けるのか検討もつかない」


「もちろん誰でも好調子でレースに出たいものだ。理由は何にせよ、パフォーマンスが落ちた理由を彼が自分でわかっていると思えないのは残念なことだ」


「先程も言ったように、彼がF1に復帰するとは考えられない」

ダニエル・リカルド(マクラーレン)
2022年F1第20戦メキシコGP ダニエル・リカルド(マクラーレン)



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

7/26(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/27(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/28(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン265
2位ランド・ノリス189
3位シャルル・ルクレール162
4位カルロス・サインツ154
5位オスカー・ピアストリ149
6位ルイス・ハミルトン125
7位セルジオ・ペレス124
8位ジョージ・ラッセル116
9位フェルナンド・アロンソ45
10位ランス・ストロール24

チームランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング389
2位マクラーレン・フォーミュラ1チーム338
3位スクーデリア・フェラーリ322
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム241
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム69
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム33
7位マネーグラム・ハースF1チーム27
8位BWTアルピーヌF1チーム9
9位ウイリアムズ・レーシング4
10位ステークF1チーム・キック・ザウバー0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/21
第14戦ベルギーGP 7/28
第15戦オランダGP 8/25
第16戦イタリアGP 9/1
第17戦アゼルバイジャンGP 9/15
  • 最新刊
  • F1速報

    Rd10 スペイン&Rd11 オーストリア&Rd12 イギリスGP号