F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

危険なオーバーテイクの駆け引きを防止するため、ジェッダの3カ所目のDRS検出ポイントを変更/F1第2戦

2023年3月17日

 FIAは、2023年F1第2戦サウジアラビアGPが行われるジェッダ・コーニッシュ・サーキットの3カ所目のDRSゾーン検出ポイントを後方に移動し、コースの最終コーナーの終わりに設置した。追いつ追われつの危険なオーバーテイクの駆け引きを防止するためだ。


 最後のDRSゾーンの検出ポイントは、以前はジェッダのスタート/フィニッシュのメインストレートへ戻っていくターン27のヘアピンのブレーキングエリアに設置されていた。そのため、ヘアピンへのアプローチで突如減速して意図的にライバルを先に行かせ、その後メインストレートでDRSの恩恵を受けてフィニッシュラインを通過するという戦術が取られるようになった。


 この策略は2021年のジェッダでの初レースで使われ、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)とルイス・ハミルトン(メルセデス)の間で熾烈なトップ争いが繰り広げられた。フェルスタッペンは昨年も同じ戦術を用いて、同様に駆け引きを仕掛けたシャルル・ルクレール(フェラーリ)と戦った。

2021年F1第21戦サウジアラビアGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)とルイス・ハミルトン(メルセデス)が接触
2021年F1第21戦サウジアラビアGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)とルイス・ハミルトン(メルセデス)が接触

2022年F1第2戦サウジアラビアGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル)とシャルル・ルクレール(フェラーリ)のバトル
2022年F1第2戦サウジアラビアGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル)とシャルル・ルクレール(フェラーリ)のバトル


 しかしFIAは、レッドブルのクリスチャン・ホーナー代表が言うところの「追いつ追われつのゲーム」に終止符を打つことを選び、このゾーンのDRS検出ポイントを最後のヘアピンから170m先へ移した。


「DRSは非常にパワフルなので、実際にコーナーで加速するためにブレーキをかけるなど、ドライバー間で駆け引きが行われていたことがわかる」とホーナーは昨年のレース後に語っていた。


 なお3カ所目のDRSゾーンのアクティベーションポイントは同じ場所にあり、他の2カ所のDRSゾーンに変更はない。

2023年F1第2戦サウジアラビアGP ジェッダ・コーニッシュ・サーキットのコース図
2023年F1第2戦サウジアラビアGP ジェッダ・コーニッシュ・サーキットのコース図



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

5/17(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
5/18(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
5/19(日) 決勝 22:00〜


ドライバーズランキング

※マイアミGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン136
2位セルジオ・ペレス103
3位シャルル・ルクレール98
4位ランド・ノリス83
5位カルロス・サインツ83
6位オスカー・ピアストリ41
7位ジョージ・ラッセル37
8位フェルナンド・アロンソ33
9位ルイス・ハミルトン27
10位角田裕毅14

チームランキング

※マイアミGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング239
2位スクーデリア・フェラーリ187
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム124
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム64
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム42
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム19
7位マネーグラム・ハースF1チーム7
8位BWTアルピーヌF1チーム1
9位ウイリアムズ・レーシング0
10位ステークF1チーム・キック・ザウバー0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第7戦エミリア・ロマーニャGP 5/19
第8戦モナコGP 5/26
第9戦カナダGP 6/9
第10戦スペインGP 6/23
第11戦オーストリアGP 6/30
  • 最新刊
  • F1速報

    Vol.5 第5戦中国GP & 第6戦マイアミGP