F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

アルファロメオ『C43』:「見た目も中身もアグレッシブ」昨年型を進化させ、速さと信頼性の改善図る

2023年2月7日

 アルファロメオF1チーム・ステークが、2月7日、スイス・ヒンウィルのファクトリーとチューリッヒのスタジオを使って、2023年型マシン『C43』の発表会を開催した。ザウバー・モータースポーツCEOアンドレアス・ザイドルが客席から見守るなか、新チーム代表アレッサンドロ・アルンニ・ブラービ、テクニカルディレクターのヤン・モンショー、レースドライバーのバルテリ・ボッタスと周冠宇、リザーブドライバーのテオ・プルシェールが登壇した。


『C43』は、アルファロメオとザウバーのパートナーシップ下で走る最後のマシン。チームは2026年にはアウディのワークスチームになることが決定している。『C43』のカラーリングは昨年とは大きく異なり、レッド&ホワイトからレッド&ブラックへと変更され、新タイトルスポンサー『ステーク』のロゴが複数箇所に飾られている。

アルファロメオF1チーム・ステークの2023年型マシン『C43』(フロント)
アルファロメオF1チーム・ステークの2023年型マシン『C43』(フロント)

 チームは『C43』について「見た目も中身もアグレッシブ」と述べている。ヤン・モンショー率いるテクニカルチームが設計したシャシーにフェラーリのパワーユニット(PU)を搭載した『C43』は、2022年のC42の進化版だという。2023年のレギュレーション変更に対応した上で、いくつかのアップデートと完全に新しいパーツが導入され、今後、さらに大きな改善がなされていく。

アルファロメオF1チーム・ステークの2023年型マシン『C43』(右サイド)
アルファロメオF1チーム・ステークの2023年型マシン『C43』(右サイド)

 モンショーは「この数カ月、自分たちが成し遂げてきたことを心から誇りに思っている」と述べた。


「新しいマシンを作り上げることは、チームの多大なる努力によって実現するからだ。このマシンは昨年型の進化版であり、新しいレギュレーションを反映した上で、改善が必要な領域に大きな変更を加えた。昨年型は成功を収めたマシンであるが、今年型はそれよりも速さを発揮するものと期待している。速さが何よりも重要であり、さらに信頼性も高めている。そのために大きな努力を注ぎ込んできた」


「これから実際にコース上を走らせて、マシンのパフォーマンスを確認する。レースに戻れることがうれしいし、すぐさま大きく進化を遂げていくものと確信している」


 チームは『C43』のシェイクダウンを今週、バルセロナで行う予定となっている。



(autosport web)




レース

3/17(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
3/18(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
3/19(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※サウジアラビアGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン44
2位セルジオ・ペレス43
3位フェルナンド・アロンソ27
4位ジョージ・ラッセル21
5位カルロス・サインツ20
6位ルイス・ハミルトン20
7位ランス・ストロール8
8位シャルル・ルクレール6
9位バルテリ・ボッタス4
10位エステバン・オコン4

チームランキング

※サウジアラビアGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング87
2位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム41
3位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラ1チーム35
4位スクーデリア・フェラーリ26
5位BWTアルピーヌF1チーム8
6位アルファロメオF1チーム・ステーク4
7位マネーグラム・ハースF1チーム1
8位ウイリアムズ・レーシング1
9位スクーデリア・アルファタウリ0
10位マクラーレンF1チーム0

レースカレンダー

2023年F1カレンダー
第2戦サウジアラビアGP 3/19
第3戦オーストラリアGP 4/2
第4戦アゼルバイジャンGP 4/30
第5戦マイアミGP 5/7
第6戦エミリア・ロマーニャGP 5/21
  • 最新刊
  • F1速報

    第1戦バーレーンGP