F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

3分で読むF1ココだけの話:残りの開発期間はわずか3年。レッドブル・フォードの課題

2023年2月7日

 2月3日のレッドブルの新車発表会で、2026年からフォードがレッドブル・パワートレインズと組んでF1に復帰することが明らかになった。レッドブルらしい高いエンターテイメント性で会場は盛り上がっていたようだが、現実は発表会で見られた関係者の満面の笑顔ほど楽観的ではない。

 それはレッドブルとフォードとの交渉期間の短さだ。レッドブルが自社製パワーユニット開発・製造を目指してレッドブル・パワートレインズを立ち上げたのは、2021年2月に設立。しかし、それは事務的なもので、レッドブル・パワートレインズのファクトリーが完成したのは2022年に入ってからだ。その時点でレッドブルが2026年以降のパートナーとして交渉していたのがポルシェだった。

 交渉はうまく行くと考えられたが、ポルシェがパワーユニット開発・製造のパートナーではだけでなく、レッドブルの株式を取得してチーム運営にも乗り出そうとしていることにレッドブル側が難色を示して、交渉は破談した。それが2022年の夏だった。

…記事の続きは会員登録後閲覧できます。

※こちらの記事は一般&プレミアム会員専用のコンテンツとなります。
一般+プレミアム会員一括登録
※会員登録後、本文記事が表示されない場合、ページの更新をお試しください。



レース

7/5(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/6(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/7(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※イギリスGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン255
2位ランド・ノリス171
3位シャルル・ルクレール150
4位カルロス・サインツ146
5位オスカー・ピアストリ124
6位セルジオ・ペレス118
7位ジョージ・ラッセル111
8位ルイス・ハミルトン110
9位フェルナンド・アロンソ45
10位ランス・ストロール23

チームランキング

※イギリスGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング373
2位スクーデリア・フェラーリ302
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム295
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム221
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム68
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム31
7位マネーグラム・ハースF1チーム27
8位BWTアルピーヌF1チーム9
9位ウイリアムズ・レーシング4
10位ステークF1チーム・キック・ザウバー0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第12戦イギリスGP 7/7
第13戦ハンガリーGP 7/21
第14戦ベルギーGP 7/28
第15戦オランダGP 8/25
第16戦イタリアGP 9/1
  • 最新刊
  • F1速報

    Vol.6 第7戦エミリア・ロマーニャGP & 第8戦モナコGP & 第9戦カナダGP号