F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ウイリアムズF1『FW45』:サイドポッドコンセプトの進化と空力効率向上がテーマ。13日にシェイクダウンへ

2023年2月7日

 ウイリアムズ・レーシングは、2月6日、イギリス・グローブの本拠で2023年型F1マシン『FW45』のカラーリング発表会を行い、新しいパートナーとして、世界有数の潤滑油&燃料製品メーカー、ガルフ・オイル・インターナショナルと複数年にわたるパートナーシップ契約を結んだことも発表した。この日披露したのは新カラーリングのみだったが、チームは『FW45』の開発コンセプトについてもコメントしている。


 2022年末でマクラーレンとの契約を終えたガルフがウイリアムズのパートナーとなり、そのロゴがマシンに加わった。この契約は発表前から予想されており、2023年型ウイリアムズはライトブルー&オレンジのガルフカラーに一新されるのではないかという推測もあったが、発表されたカラーは、「昨年型FW44の発展形」ということで、ブルーを基調にレッドのラインが入ったものになった。なお、今年のカラーリングには、コース上でのビジュアルを強化するため、マット塗装が取り入れられた。

ウイリアムズF1が2023年型マシン『FW45』のカラーリングを初公開。ガルフがオフィシャルパートナーに就任
『ガルフ』がウイリアムズのオフィシャルパートナーに就任

 ウイリアムズは、FW45・メルセデスのシェイクダウンを、13日月曜にイギリス・シルバーストンで行う。ニューマシンについてチームは、次のように説明している。


「2月13日に初走行を行うFW45は、FW44の進化形だ。2023年FIAテクニカル・レギュレーションの変更点を満たすために、フロアエッジの高さを引き上げた他、サイドポッドのコンセプトを大幅に進化させた。パワーユニットの冷却システムのレイアウトを最適化した結果、これを実現することができた」


「さらに、フロントサスペンションのレイアウトや外部の空力面の主要部分にも変更を加えた。その結果、FW45はFW44よりさらに空力効率が向上し、全体的なダウンフォースが高まり、ハンドリングの特性も改善している」


「ピレリは2023年に2022年の進化型のタイヤを持ち込む。FW45は新しいタイヤにおいて改善された特性に合わせて最適化されている」

ウイリアムズF1の2023年型マシン『FW45』のカラーリング
ウイリアムズF1の2023年型マシン『FW45』のカラーリング

 ウイリアムズでの2年目を迎えるアレクサンダー・アルボンは、「素晴らしいマシンに見えるね。後日、シルバーストンでシェイクダウンを行う予定だ」と語った。


「チームは昨年もこの冬の間も、マシンの重要な領域に懸命に取り組み、2023年に向けてマシンから得られるものを最大化するために努力してきた。FW45にどういう力があるのかを確認するのが楽しみだ」

ウイリアムズF1の2023年用レーシングスーツを着用したアレクサンダー・アルボン
ウイリアムズF1の2023年用レーシングスーツを着用したアレクサンダー・アルボン

 今年F1デビューを飾るローガン・サージェントは「この冬が本当に長く感じる。シーズンが始まるのが待ち遠しいよ」とコメントしている。


「モチベーションがものすごく高まっている。僕たちは懸命に努力してきた。このマシンは素晴らしい。チームが冬の間に行ってきたハードワークが反映されているんだ。バーレーンの前にシルバーストンで走ることになっており、その瞬間をとても楽しみにしている」

ウイリアムズF1の2023年用レーシングスーツを着用したローガン・サージェント
ウイリアムズF1の2023年用レーシングスーツを着用したローガン・サージェント

 ウイリアムズは、ガルフ・オイル以外にもいくつか新スポンサーが加わったことを発表した。


 スティーブンス社が公式インベストメントバンキングパートナーに就任。アメリカで急成長しているビールブランド、ミケロブ・ウルトラとは複数年契約を締結。電子取引システムを扱うPureStreamもパートナーに加わった。これらのロゴは、6日に発表されたマシンカラーリングに反映されている。

ウイリアムズF1『FW45』のリヤウイングに入るガルフロゴ
ウイリアムズF1『FW45』のリヤウイングに入るガルフロゴ


ウイリアムズF1のスポンサーに加わった『Stephens』
ウイリアムズF1のスポンサーに加わった『Stephens』


ウイリアムズF1のスポンサーに加わった『Michelob ULTRA』
ウイリアムズF1のスポンサーに加わった『Michelob ULTRA』


ウイリアムズF1のスポンサーに加わった『PureStream』
ウイリアムズF1のスポンサーに加わった『PureStream』

 ウイリアムズには、新チームプリンシパルとして昨年までメルセデスで戦略部門の責任者を務めていたジェームズ・ボウルズが加入することが決定しているが、2月20日に正式に着任するため、6日の発表会には姿を見せなかった。



(autosport web)




レース

7/5(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/6(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/7(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※イギリスGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン255
2位ランド・ノリス171
3位シャルル・ルクレール150
4位カルロス・サインツ146
5位オスカー・ピアストリ124
6位セルジオ・ペレス118
7位ジョージ・ラッセル111
8位ルイス・ハミルトン110
9位フェルナンド・アロンソ45
10位ランス・ストロール23

チームランキング

※イギリスGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング373
2位スクーデリア・フェラーリ302
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム295
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム221
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム68
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム31
7位マネーグラム・ハースF1チーム27
8位BWTアルピーヌF1チーム9
9位ウイリアムズ・レーシング4
10位ステークF1チーム・キック・ザウバー0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第12戦イギリスGP 7/7
第13戦ハンガリーGP 7/21
第14戦ベルギーGP 7/28
第15戦オランダGP 8/25
第16戦イタリアGP 9/1
  • 最新刊
  • F1速報

    Vol.6 第7戦エミリア・ロマーニャGP & 第8戦モナコGP & 第9戦カナダGP号