F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

メルセデスF1との契約延長に前向きな姿勢を見せてきたハミルトン。新たに2年契約の締結を要求か

2023年1月20日

 7度のF1世界チャンピオンであるルイス・ハミルトンは、メルセデスとの2年契約の締結を求めており、契約金額は1億4200万ユーロ(約196億円)だと噂されている。


 ハミルトンとメルセデスとの話し合いの機密性を考慮すれば、高額の新契約の数字は鵜呑みにはできないが、この契約は2024年と2025年をカバーするもので、ハミルトンのF1における最後の期間になる可能性がある。フランスのスポーツビジネス系ウェブサイト『Sportune』によると、ハミルトンの報酬がシーズンあたり7000万ユーロ(約97億円)になれば、現在の年間4500万ユーロ(約62億円)の契約から大幅に上昇することになる。


 しかしハミルトンの将来の契約は、現在の契約とは対照的に、世界タイトルを獲得した際に2500万ユーロ(約35億円)のボーナスが支払われるという条項が含まれないという。


『Sportune』は、ハミルトンの報酬のほとんどは、メルセデスのスポンサーであるであるイギリスの複合化学メーカー『INEOS(イネオス)』によって支払われていると主張しており、ハミルトンが設立した慈善団体『Mission 44』への寄付を行う条項もあるという。なお、イネオスの創設者で会長のジム・ラットクリフの純資産は『Forbes』誌によると150億ドル(約1兆9200億円)と推定されているが、彼はメルセデス・ベンツとメルセデスF1のチーム代表トト・ウォルフとともに、チームの共同所有者となっている。


 またハミルトンの新契約については、年間約2500万ユーロ(約35億円)で将来メルセデス・ベンツのアンバサダーを務める条件が含まれていると報じられている。


 先週ウォルフは、メルセデスとハミルトンの新契約は、二者間による「数時間」の話し合いでまとまると予想していると語った。


「この10年間で我々の関係は深まっている。彼が物理的にヨーロッパから戻り、頭を突き合わせ、少々格闘し、数時間後に白い煙を上げながら部屋を後にするだけの話だ」

ルイス・ハミルトン&トト・ウォルフ代表(メルセデス)
2022年F1第22戦アブダビGP ルイス・ハミルトン&トト・ウォルフ代表(メルセデス)



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

6/2(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
6/3(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
6/4(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※モナコGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン144
2位セルジオ・ペレス105
3位フェルナンド・アロンソ93
4位ルイス・ハミルトン69
5位ジョージ・ラッセル50
6位カルロス・サインツ48
7位シャルル・ルクレール42
8位ランス・ストロール27
9位エステバン・オコン21
10位ピエール・ガスリー14

チームランキング

※モナコGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング249
2位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラ1チーム120
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム119
4位スクーデリア・フェラーリ90
5位BWTアルピーヌF1チーム35
6位マクラーレンF1チーム17
7位マネーグラム・ハースF1チーム8
8位アルファロメオF1チーム・ステーク6
9位スクーデリア・アルファタウリ2
10位ウイリアムズ・レーシング1

レースカレンダー

2023年F1カレンダー
第8戦スペインGP 6/4
第9戦カナダGP 6/18
第10戦オーストリアGP 7/2
第11戦イギリスGP 7/9
第12戦ハンガリーGP 7/23
  • 最新刊
  • F1速報

    第4戦アゼルバイジャンGP & 第5戦マイアミGP合併号