F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

F1スプリントフォーマットが大きく変更される可能性。バトル促進のため予選システムを見直し

2022年11月27日

 2023年F1シーズンでは、6回のグランプリがスプリントフォーマットで開催される予定だ。現在のシステムは完璧なものとは言えず、一部ドライバーから批判も出ている。そのためFIAは2023年に向けてフォーマットの変更を検討している。


 スプリントについて、2022年F1チャンピオンのマックス・フェルスタッペンは、「僕はあまり気に入っていない。本当のレースをしていないように感じるからだ」と述べている。


「スプリントで多少ポイントを獲ることができるけれど、そのためにリスクは冒せない。本当に多くのポイントを獲得できるのは(日曜の)決勝だからね。ピットストップはしないから、最後までもつタイヤを選ぶ」


「今年のマシンになって、コース上のバトルという面で多少改善されたかもしれないが、それでも、通常とは異なる位置からスタートするマシンがない限り、オーバーテイクはあまり見ることはない」


「だから僕にとってはそれほど楽しいものではない。スプリントレースに臨むときにはいつも、リスクを冒さずに安全にいこうと思うんだ」

ケビン・マグヌッセン(ハース)、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)、ジョージ・ラッセル(メルセデス)
2022年F1第21戦ブラジルGP PPケビン・マグヌッセン(ハース)、2番手マックス・フェルスタッペン(レッドブル)、3番手ジョージ・ラッセル(メルセデス)

 スプリントフォーマットで行われたブラジルGPでセンセーショナルなポールポジション獲得を果たしたケビン・マグヌッセンは、次のように述べている。


「マックスのいうとおりだ。スプリントの結果が日曜決勝のグリッドを決めるから、スプリントではあまりリスクを負いたくない。そこを切り離すような微調整を行うこともできるのではないかと思う。そうすれば全力でプッシュしていける。解決策のひとつは、予選セッションでスプリントと決勝両方のグリッドポジションを決めることだろう」


 2021年と2022年のスプリントフォーマットは、金曜午後に予選を行い、その結果が土曜スプリントのグリッドとなり、スプリントの結果が日曜決勝のグリッドを決めるというものだった。


 FIAは、スプリントをレースから独立したイベントにするためのフォーマットについて検討している。スプリントと決勝のそれぞれのために予選を別に行う形にして、プラクティスを1回のみにするという案もある。スプリントの結果にポイントを与えるという部分は変更されない。



(Grandprix.com)




レース

11/18(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/19(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/20(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン454
2位シャルル・ルクレール308
3位セルジオ・ペレス305
4位ジョージ・ラッセル275
5位カルロス・サインツ246
6位ルイス・ハミルトン240
7位ランド・ノリス122
8位エステバン・オコン92
9位フェルナンド・アロンソ81
10位バルテリ・ボッタス49

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング759
2位スクーデリア・フェラーリ554
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム515
4位BWTアルピーヌF1チーム173
5位マクラーレンF1チーム159
6位アルファロメオF1チーム・オーレン55
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム55
8位ハースF1チーム37
9位スクーデリア・アルファタウリ35
10位ウイリアムズ・レーシング8

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    総集編