F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

スプリントの実施に肯定的なハースF1代表。決勝とスプリントのそれぞれに予選を行いたいと提案

2022年11月11日

 ハースF1チームのチーム代表であるギュンター・シュタイナーは、F1のスプリントがある週末に、2回目の予選セッションを加えてみたいという。


 スプリントが行われる週末の金曜日のスケジュールでは、現在は予選が行われるようになっており、土曜午後のスプリントのグリッド順を決めている。そしてスプリントの結果によって日曜日のグランプリのグリッド順が決定する。


 しかしシュタイナーは、F1の決勝レースとスプリントイベントについて、それぞれに予選セッションを設けるべきだと考えている。


「今年のオーストリアでは、我々はスプリントでも決勝レースでもポイントを獲得できたので、その形式が気に入った」とシュタイナーは説明した。


「他のレースと同じだが距離が短く、ポイントを獲得できるのは10人ではなく8人だ。私はさらにスプリントが行われればいいと思う。金曜日に予選を行うことでレースウイーク全体が面白くなる」


「もっと言えば、金曜日にスプリントのための予選を行い、土曜日の午前中には決勝レースのための予選を行いたい。最近はフリー走行が誰にとってもあまり意味がないものになっているからだ」


「そして土曜日午後にスプリントを行い、日曜日にメインイベントとなる」

ルイス・ハミルトン(メルセデス)&ミック・シューマッハー(ハース)
2022年F1第11戦オーストリアGP ルイス・ハミルトン(メルセデス)&ミック・シューマッハー(ハース)


 今週末は2022年シーズンの最後から2番目のグランプリがインテルラゴスで開催されるが、今年3回目にして最後のスプリントイベントが行われる。来シーズンは6回のスプリントが行われるが、会場はまだ決定していない。


 このフォーマットが最初に導入された昨シーズン以来、ドライバーからはさまざまな反応が集まっている。しかし今年初めてスプリントを経験したケビン・マグヌッセン(ハース)は、レースウイークに高いプレッシャー環境を生み出すスプリントを評価した。


「僕たちはよくやったと思う。これまでのところすべてのスプリントでポイントを獲得しているし、僕は実際のところ、真剣勝負をすぐに始められるこうした週末を気に入っている」とマグヌッセンは語った。


「3回のフリー走行セッションは実際には多い。スプリントの週末では、予選の準備は1回のフリー走行セッションでできることが示されている」


「誰にとっても同じだ。適応してそのうち普通になる。来年6回になるのはいいと思うが、もちろんこうした週末は、ガレージでのチームの負荷がとても高くなる。ドライビングの観点から言えば、とてもクールだけどね」

ケビン・マグヌッセン(ハース)
2022年F1エミリア・ロマーニャGPスプリント ケビン・マグヌッセン(ハース)



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

6/21(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
6/22(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
6/23(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※スペインGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン219
2位ランド・ノリス150
3位シャルル・ルクレール148
4位カルロス・サインツ116
5位セルジオ・ペレス111
6位オスカー・ピアストリ87
7位ジョージ・ラッセル81
8位ルイス・ハミルトン70
9位フェルナンド・アロンソ41
10位角田裕毅19

チームランキング

※スペインGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング330
2位スクーデリア・フェラーリ270
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム237
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム151
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム58
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム28
7位BWTアルピーヌF1チーム8
8位マネーグラム・ハースF1チーム7
9位ウイリアムズ・レーシング2
10位ステークF1チーム・キック・ザウバー0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第10戦スペインGP 6/23
第11戦オーストリアGP 6/30
第12戦イギリスGP 7/7
第13戦ハンガリーGP 7/21
第14戦ベルギーGP 7/28
  • 最新刊
  • F1速報

    Vol.6 第7戦エミリア・ロマーニャGP & 第8戦モナコGP & 第9戦カナダGP号