F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

フェルスタッペン、ダメージ回避が最優先のF1スプリントレースを好まず「僕にとっては本当のレースではない」

2022年11月9日

 レッドブルのマックス・フェルスタッペンは、F1のスプリントを好んでいない。30分間の猛ダッシュのレースはまず何よりダメージを避けることが重要なため、フェルスタッペンは「本当のレースではない」と主張している。


 F1は2021年シーズンに、土曜日の午後にグリッド順を決めるスプリントのトライアルを行い、今年も3戦で実験を継続することを決めた。2回のイベントは今年前半にエミリア・ロマーニャGPとオーストリアGPで開催され、3回目にして最後のスプリントレースは、今週末のインテルラゴスで開催される。2023年には、F1はこのフォーマットを6カ所のサーキットで行う予定だ。


 しかしフェルスタッペンは、その見通しについて興奮とは程遠い心境だ。


「このレース(スプリント)は毎回やるたびに、『マシンにダメージを負うな、トップ3に留まっていろ』という感じなんだ」とフェルスタッペンは語った。


「僕にとっては本当のレースではない。なぜなら決勝レースになれば、はるかに多くのポイントを獲れると分かっている。もう少しリスクはあるけれどね」


「新たにスタートするのはエキサイティングだけれど、上に進めるのは下の順位のドライバーだけだ。スティントの間持ちこたえられるタイヤを履いているし、特に何も起きないからだ」


「あまり刺激的ではない。それでももちろん勝とうとするけれどね」

2022年F1第4戦エミリア・ロマーニャGP土曜スプリント マックス・フェルスタッペン(レッドブル)とシャルル・ルクレール(フェラーリ)のバトル
2022年F1第4戦エミリア・ロマーニャGP土曜スプリント マックス・フェルスタッペン(レッドブル)とシャルル・ルクレール(フェラーリ)のバトル


 F1はスプリントレースがグランプリの週末に価値を加えていると考えている。しかしフェルスタッペンは、特に今年ファンが楽しんだエキサイティングなレースの数を考えると、従来の形を続けることを強く望むという。


「何の問題があるのか理解できないよ。なぜならたくさんのエキサイティングなレースがあったからだ。だから3分の1の距離のレースを加える必要はない」


「とにかく誰もがとても注意深くなる。3番手を争っている時に少しでも接触して最後尾になったら、日曜日が厳しくなることは分かっている。おそらくリスクを冒すことはしないだろう。だから本当のレースではないよ」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

11/18(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/19(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/20(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン454
2位シャルル・ルクレール308
3位セルジオ・ペレス305
4位ジョージ・ラッセル275
5位カルロス・サインツ246
6位ルイス・ハミルトン240
7位ランド・ノリス122
8位エステバン・オコン92
9位フェルナンド・アロンソ81
10位バルテリ・ボッタス49

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング759
2位スクーデリア・フェラーリ554
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム515
4位BWTアルピーヌF1チーム173
5位マクラーレンF1チーム159
6位アルファロメオF1チーム・オーレン55
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム55
8位ハースF1チーム37
9位スクーデリア・アルファタウリ35
10位ウイリアムズ・レーシング8

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    総集編