F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

オコン、ガスリーとの不仲説を否定「誰がチームメイトになってもレースができると確信している」

2022年9月8日

 エステバン・オコンは、世論とは逆にピエール・ガスリーとはいい関係にあり、アルピーヌで同胞の彼と仕事をするのに何の問題もないと述べている。


 彼らが若いカートのドライバーだった頃、オコンとガスリーは不仲だった時期があった。2017年にふたりはF1で再会を果たしたが、長年が経過し、過去の反目や不和は過ぎたこととなった。


 フェルナンド・アロンソが2023年にアストンマーティンに移籍するという発表を受けて、オコンはアルピーヌでのアロンソの後任には友人のミック・シューマッハー(ハース)を迎えたいと公言した。しかし現在では、レッドブルがガスリーを契約から早期に解放し、アルピーヌに移籍することに同意する可能性を示している。


「誰が僕のチームメイトになろうとも、僕にとって重要なことはできる限り最善の方向へチームを導き、マシン開発にベストを尽くすことだ」とオコンは語った。


「そして双方のドライバーの間に敬意があればいい雰囲気になる。それが重要だと思うよ」


「ピエールとは良い関係にある。問題なんてないよ。僕たちは互いに敬意を持っている。誰がチームメイトになろうが、チームは最善の選択をするし、レースができるだろうと確信している」

2022年F1第15戦オランダGP ピエール・ガスリー(アルファタウリ)
2022年F1第15戦オランダGP ピエール・ガスリー(アルファタウリ)


 しかしながら『Sky F1』のポール・ディ・レスタは、アルピーヌでのオコンとガスリーの組み合わせに問題が起きないとは確信できずにいる。


「正直にいうと、オコンとうまくやれるチームメイトはあまり多くないと思う」と元F1ドライバーのディ・レスタは語った。


「フェルナンドの無線を聞いたことがあるだろう。コース上では協力しても、コース外ではどうだろう? 彼はかなり難しい相手にいなるかもしれない。セルジオ・ペレスも同じ問題を抱えていた」


「これは(アルピーヌが)ガスリーを獲得できることへの対価のようなものだ。フランス人ふたりのラインアップは素晴らしいだろう。そのラインアップのなかでのガスリーのドライビングは、称賛すべきものになるはずだ」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

9/30(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/1(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
10/2(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※シンガポールGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン341
2位シャルル・ルクレール237
3位セルジオ・ペレス235
4位ジョージ・ラッセル203
5位カルロス・サインツ202
6位ルイス・ハミルトン170
7位ランド・ノリス100
8位エステバン・オコン66
9位フェルナンド・アロンソ59
10位バルテリ・ボッタス46

チームランキング

※シンガポールGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング576
2位スクーデリア・フェラーリ439
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム373
4位マクラーレンF1チーム129
5位BWTアルピーヌF1チーム125
6位アルファロメオF1チーム・オーレン52
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム37
8位ハースF1チーム34
9位スクーデリア・アルファタウリ34
10位ウイリアムズ・レーシング6

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第17戦シンガポールGP 10/2
第18戦日本GP 10/9
第19戦アメリカGP 10/23
第20戦メキシコGP 10/30
第21戦ブラジルGP 11/13
  • 最新刊
  • F1速報

    第16戦 イタリアGP号