F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

アルピーヌCEO、ピアストリを他チームに貸し出すことに前向きな姿勢を示す。ウイリアムズF1との協議がスタートか

2022年7月27日

 アルピーヌのCEOを務めるローラン・ロッシは、現ドライバーのフェルナンド・アロンソとリザーブドライバーのオスカー・ピアストリのふたりが、チームは違っても2023年にF1でレースをするだろうと確信している。


 エステバン・オコンはアルピーヌと2024年まで契約しているが、アロンソとアルピーヌの契約は今年末に切れる。チームもアロンソも双方が契約延長の希望を表明しているため、現状を考えると、高い評価を受けているピアストリは必然的に2023年はアルピーヌのシートを得られないだろう。

2022年F1第9戦カナダGP フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)が予選2番手を獲得
2022年F1第9戦カナダGP フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)が予選2番手を獲得


 だが伝えられるところによると、アルピーヌがピアストリをウイリアムズに貸し出すために、両チームは協議を始めているという。ウイリアムズでニコラス・ラティフィがシートを保持することはないと見られているのだ。


「私はオスカーについて、彼を取り戻せる限り、他のチームに貸し出すことに前向きだ」とロッシは土曜日にポール・リカールで行われたチーム代表の記者会見でコメントした。


「オスカーには多額の投資を行った。我々は彼を信頼している。だからこそ彼は我々のリザーブドライバーを務めているのだ。彼は非常に有望な才能の持ち主だ」


「そのため、他のドライバーのように他チームに貸し出し、そこでスタートして仕組みを学んでから我々のところに戻るというのは、いいシナリオだろう」


 ウイリアムズF1のチーム代表ヨースト・カピートは、2023年を見据え、ドライバーラインアップの決定にあたってはチームの最善の利益を念頭に置くだろうと語った。


「我々にはあらゆる選択肢があると思うが、その選択肢も考慮に入れている」とカピートは語った。


「そして我々はチームにとって最善だと考える方を選ぶつもりだ。だが詳細を詰めるのはまだ早すぎる。その段階にはまだ至っていないからだ」


 ピアストリがウイリアムズに貸し出される見通しについて質問されたカピートは、次のように述べた。


「それが我々にとってベストな選択であれば、検討するだろうと思う。そうでなければ、他にいい解決策がある。我々はよりよい方の解決策を選ぶだろう」

オスカー・ピアストリ(アルピーヌ リザーブドライバー)
2022年F1第9戦カナダGP オスカー・ピアストリ(アルピーヌ リザーブドライバー)



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

9/30(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/1(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
10/2(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※シンガポールGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン341
2位シャルル・ルクレール237
3位セルジオ・ペレス235
4位ジョージ・ラッセル203
5位カルロス・サインツ202
6位ルイス・ハミルトン170
7位ランド・ノリス100
8位エステバン・オコン66
9位フェルナンド・アロンソ59
10位バルテリ・ボッタス46

チームランキング

※シンガポールGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング576
2位スクーデリア・フェラーリ439
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム373
4位マクラーレンF1チーム129
5位BWTアルピーヌF1チーム125
6位アルファロメオF1チーム・オーレン52
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム37
8位ハースF1チーム34
9位スクーデリア・アルファタウリ34
10位ウイリアムズ・レーシング6

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第17戦シンガポールGP 10/2
第18戦日本GP 10/9
第19戦アメリカGP 10/23
第20戦メキシコGP 10/30
第21戦ブラジルGP 11/13
  • 最新刊
  • F1速報

    第16戦 イタリアGP号