F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

F1第10戦イギリスGP予選トップ10ドライバーコメント(2)

2022年7月3日

 2022年F1第10戦イギリスGPの予選が行われ、ポールポジション〜5番手に入ったドライバーたちが土曜日を振り返った。ポールポジション〜5番手に入ったドライバーはカルロス・サインツ(フェラーリ)、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)、シャルル・ルクレール(フェラーリ)、セルジオ・ペレス(レッドブル)、ルイス・ハミルトン(メルセデス)だ。


■メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム
ルイス・ハミルトン 予選=5番手

2022年F1第10戦イギリスGP ルイス・ハミルトン(メルセデス)
2022年F1第10戦イギリスGP ルイス・ハミルトン(メルセデス)

 マシンのアップデートをここに持ち込むために、チームは懸命に作業に取り組んでくれた。そのおかげで今回たくさんの新しいエアロパーツを導入することができ、マシンが改善したんだ。それでもまだ高速コーナーでバウンシングが出ている。特にレッドブルと大きな差があるのは高速コーナーだ。


 雨のなかでフロントロウをかけて戦った。最後のラップのひとつ前まではいい位置にいた。バッテリーをチャージするためのラップを入れて、最後のラップにはより戦えるモードで臨もうとした。でもちょうどその時に雨が激しくなってきて、僕たちはチャンスを失ってしまった。この素晴らしい観客の前で上位争いに加わることができて、最高の気分だったし、大きな期待を抱いていたんだけどね。


 でも僕たちのマシンは決勝で強いと思うし、5番グリッドは最悪の位置ではない。これまでのレースだったら、5番手で満足していただろう。でもここはイギリスGPだ。もっと良い結果を期待していた。でも明日、何か特別な結果を出すために頑張るつもりだよ。ファンの皆の応援には心から感謝している。彼らは最高だ。


■オラクル・レッドブル・レーシング
セルジオ・ペレス 予選=4番手

2022年F1第10戦イギリスGP セルジオ・ペレス(レッドブル)
2022年F1第10戦イギリスGP セルジオ・ペレス(レッドブル)

 変わりやすいコンディションのなかで、僕たちチームは良い結果を出すことができた。僕自身はもっと上位に行きたかったし、完全に満足しているわけではない。それでもこの位置からでも戦えるので、明日を楽しみにしている。


 最高な結果とはいえないものの、それほどがっかりもしていない。Q3終盤、すぐ前に他のマシンがいたため、最後の2周を理想的な形で走ることができなかったんだ。妨げられることがなければ、もっと良いタイムを出せたかもしれない。


 金曜に抱えていた問題を見つけ出すことができたので、レースでは大幅に競争力が向上するだろう。明日のレースでは、上位グループにとどまり、強力なペースを発揮することが重要だ。それができれば物事が大きく変わってくる。大きく進歩することができたので、フェラーリ勢を苦しめることができると思うよ。難しいレースになるだろうが、懸命に戦っていく。


■スクーデリア・フェラーリ
シャルル・ルクレール 予選=3番手

2022年F1第10戦イギリスGP シャルル・ルクレール(フェラーリ)
2022年F1第10戦イギリスGP シャルル・ルクレール(フェラーリ)

 残念なことにQ3最後のラップでスピンしてしまい、思ったようにラップをまとめることができなかった。もちろんがっかりしているが、(チームメイトの)カルロス(・サインツ)がポールを獲得したことはうれしく思っている。


 今日は自信を持って走ることができたし、競争力がかなり高かったと思う。過去2年は今日のようなコンディションでかなり苦労していた。でも今日はウエットでも一貫性があったのでよかったよ。


 明日はチームによって戦略が分かれるだろう。1回ストップにしても2回ストップにしても、いい動きをすることで順位を上げて、チームの1-2達成のために戦いたい。


(予選後の会見で語り)あの(最後の)ラップで僕はすべてをまとめる必要があった。なのにドライバーとしてそれができなかった。だから僕はポールにふさわしくない。カルロスが明日のレースで勝てばうれしいね。一方で、自分自身が勝ちたいという気持ちがあることを隠すつもりはない。ただ、一番重要なのは、どちらが上にしても、1-2を達成することだと思っている。周囲のマシンに対して戦略的な動きをすることができるなら、間違いなくそうするだろう。明日どうなるかを見ていこう。


■オラクル・レッドブル・レーシング
マックス・フェルスタッペン 予選=2番手

2022年F1第10戦イギリスGP 予選2番手のマックス・フェルスタッペン(レッドブル)と3番手のシャルル・ルクレール(フェラーリ)
2022年F1第10戦イギリスGP 予選2番手のマックス・フェルスタッペン(レッドブル)と3番手のシャルル・ルクレール(フェラーリ)

 いい予選だったね。快適に走ることができた。路面はかなり滑りやすかったけどね。Q3での360度スピンは、タイヤを温めるための新しいテクニックだったんだ(笑)。全体的に良い仕事をしたと思うし、僕たちのマシンはレースで強い。


 Q3がウエットコンディションになった場合、運に左右される場合がある。最後のラップは、イエローフラッグが出たため、タイムを更新することができなかった。そのせいでポールポジションを獲れなかったのだと思っている。


 フェラーリはかなり強力で、上位は僅差だから、明日は接戦になるだろう。彼らの前でフィニッシュできるといいね。僕たちのマシンはウエットでもドライでも強い。明日のレースでうまく機能すれば、優勝するチャンスは十分あるよ。


■スクーデリア・フェラーリ
カルロス・サインツ 予選=ポールポジション

2022年F1第10戦イギリスGP ポールポジション獲得のカルロス・サインツ(フェラーリ)とピレリ・ポールポジション・アワードの授賞を行うナイジェル・マンセル
2022年F1第10戦イギリスGP ポールポジション獲得のカルロス・サインツ(フェラーリ)とピレリ・ポールポジション・アワードの授賞を行うナイジェル・マンセル

 ものすごくハッピーだよ! ウエットコンディションのシルバーストンで初のポールを獲得するなんて、特別なことだ。生涯忘れることはないだろう。


 予選は最初から最後までトリッキーで、路面コンディションの影響で、毎ラップが新しい冒険のようなものだった。グリップとトラクションを見つけるのが大変で、ラップごとに適応する必要があった。最後のアタックラップで攻めていき、良いラップをうまくまとめ上げることができた。それでポールを手に入れたんだ。


 明日に向けてかなりの自信を持っている。金曜に発揮していた良いペースを決勝で再現できるといいね。ライバルたちとはかなりの接戦になるだろうが、その準備はできている。強力なレースを走って優勝争いをすることができるはずだ。さあ、レースだ。


(予選後の会見で語り)終盤の2周はプッシュしていくことに決め、まずまずのラップを走ったが、最高の出来とは感じなかった。でもそれでポールポジションを獲ったんだ。ちょっと驚いたよ。


 フェラーリに乗ってフォーメイションラップをリードするのは最高の気分だろうね。僕にとって初めてのことだ。ワールドシリーズ・バイ・ルノーでフォーメイションラップをリードした時のことを覚えている。F1では、(2020年)ポルトガルでレースをリードしたことがあるけれど、あの時は素晴らしい気分だった。明日またレースをリードすることが今の目標だ。自信はあるよ。最初からプッシュしていき、リードを維持し、自分のレースをすることができると思う。



(autosport web)




レース

7/29(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/30(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/31(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン258
2位シャルル・ルクレール178
3位セルジオ・ペレス173
4位ジョージ・ラッセル158
5位カルロス・サインツ156
6位ルイス・ハミルトン146
7位ランド・ノリス76
8位エステバン・オコン58
9位バルテリ・ボッタス46
10位フェルナンド・アロンソ41

チームランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング431
2位スクーデリア・フェラーリ334
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム304
4位BWTアルピーヌF1チーム99
5位マクラーレンF1チーム95
6位アルファロメオF1チーム・オーレン51
7位ハースF1チーム34
8位スクーデリア・アルファタウリ27
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム20
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    第10戦イギリスGP & 第11戦 オーストリアGP合併号