F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

レッドブル&HRC密着:Q3終盤に黄旗でポールを逃したフェルスタッペン。2番手から昨年逃した優勝を狙う

2022年7月3日

 レッドブルとマックス・フェルスタッペンにとって、F1イギリスGPは特別なグランプリだ。それは、チームのファクトリーがシルバーストンから車で約30分のミルトンキーンズにあるという理由だけではない。昨年のイギリスGPで失ったものを今年こそ取り返しに来たからだ。


 昨年、フェルスタッペンはチャンピオンシップで2位ルイス・ハミルトン(メルセデス)に32点差をつけてシルバーストンに乗り込み、F1史上初となったスプリント予選を制してポールポジションから日曜日のレースをスタートした。しかし、オープニングラップでフェルスタッペンとハミルトンは接触し、フェルスタッペンはリタイア。ハミルトンが優勝したため、その差が一気に縮まり、その後の大混戦となる布石となった。


 レッドブルもイギリスGP前までに5連勝を飾り、コンストラクターズ選手権でメルセデスに44ポイント差でイギリスGPに臨んだが、レース後わずか6ポイントまで縮められ、その後、逆転を許してコンストラクターズタイトルを逃す要因となった。もし、昨年のイギリスGPでフェルスタッペンが優勝していれば、レッドブルは2冠を達成していたはずだった。

レッドブル&HRC密着
2022年F1第10戦イギリスGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル)


 しかし、今年もシルバーストンはフェルスタッペンに冷たい。フェルスタッペンはスタンドから何度かブーイングを浴びせられただけでなく、ドライコンディションで行われた土曜日のフリー走行3回目は2位以下にコンマ4秒以上の差をつけてトップだつたにも関わらず、予選直前に雨が降り出し、ウエットコンディションとなった。


 雨が降れば、速さ以外の要素が絡むため、フリー走行3回目でトップに立ったフェルスタッペンにとっては、この雨は決して恵みの雨ではなかった。それでも、フェルスタッペンはQ1とQ2をそれぞれトップタイムで通過。Q3もスピンを喫しながらも、途中まで暫定ポールポジションを叩き出していた。


 Q3終盤にカルロス・サインツ(フェラーリ)に逆転され、ポールポジションは逃したが、これも最後のアタックでシャルル・ルクレール(フェラーリ)がスピンしてイエローフラッグが出ていたためだった。


 この日、コース上でドライでも、ウエットでも最も速かったのは、フェルスタッペンだった。

マックス・フェルスタッペン(レッドブル)
2022年F1第10戦イギリスGPフリー走行3回目 マックス・フェルスタッペン(レッドブル)



(Masahiro Owari)




レース

7/29(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/30(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/31(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン258
2位シャルル・ルクレール178
3位セルジオ・ペレス173
4位ジョージ・ラッセル158
5位カルロス・サインツ156
6位ルイス・ハミルトン146
7位ランド・ノリス76
8位エステバン・オコン58
9位バルテリ・ボッタス46
10位フェルナンド・アロンソ41

チームランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング431
2位スクーデリア・フェラーリ334
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム304
4位BWTアルピーヌF1チーム99
5位マクラーレンF1チーム95
6位アルファロメオF1チーム・オーレン51
7位ハースF1チーム34
8位スクーデリア・アルファタウリ27
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム20
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    第10戦イギリスGP & 第11戦 オーストリアGP合併号