F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

サインツが難コンディションで初ポール「驚いたけどもちろん嬉しい。ここから初優勝をつかむ」フェラーリ/F1第10戦

2022年7月3日

 2022年F1イギリスGPの土曜予選で、ウエットコンディションの下、フェラーリのカルロス・サインツがF1キャリアで自身初のポールポジションを獲得した。サインツにとって151戦目(決勝出走では150戦目)での快挙だ。スペイン人ドライバーのポール獲得としては、フェルナンド・アロンソに続く2人目となる。


 ポールがかかったQ3最後のアタックラップで、シャルル・ルクレール(フェラーリ)はスピン、その後ろを走っていたマックス・フェルスタッペン(レッドブル)はイエローフラッグにより減速を強いられ、それぞれタイムを更新することができず、その間にサインツが最速タイムを記録した。

2022年F1第10戦イギリスGP カルロス・サインツ(フェラーリ)がポールポジションを獲得
2022年F1第10戦イギリスGP カルロス・サインツ(フェラーリ)がポールポジションを獲得

■カルロス・サインツ(スクーデリア・フェラーリ)
FP3 6番手(1分28秒689:ソフトタイヤ/21周)
予選 1番手(Q1=4番手1分40秒190:インターミディエイトタイヤ/Q2=4番手1分41秒602:インターミディエイトタイヤ/:Q3=1番手1分40秒983:インターミディエイトタイヤ)


 ものすごくハッピーだよ! ウエットコンディションのシルバーストンで初のポールを獲得するなんて、特別なことだ。生涯忘れることはないだろう。


 予選は最初から最後までトリッキーで、路面コンディションの影響で、毎ラップが新しい冒険のようなものだった。グリップとトラクションを見つけるのが大変で、ラップごとに適応する必要があった。最後のアタックラップで攻めていき、良いラップをうまくまとめ上げることができた。それでポールを手に入れたんだ。


 明日に向けてかなりの自信を持っている。金曜に発揮していた良いペースを決勝で再現できるといいね。ライバルたちとはかなりの接戦になるだろうが、その準備はできている。強力なレースを走って優勝争いをすることができるはずだ。さあ、レースだ。


(予選後の会見で語り)終盤の2周はプッシュしていくことに決め、まずまずのラップを走ったが、最高の出来とは感じなかった。でもそれでポールポジションを獲ったんだ。ちょっと驚いたよ。


 フェラーリに乗ってフォーメイションラップをリードするのは最高の気分だろうね。僕にとって初めてのことだ。ワールドシリーズ・バイ・ルノーでフォーメイションラップをリードした時のことを覚えている。F1では、(2020年)ポルトガルでレースをリードしたことがあるけれど、あの時は素晴らしい気分だった。明日またレースをリードすることが今の目標だ。自信はあるよ。最初からプッシュしていき、リードを維持し、自分のレースをすることができると思う。



(autosport web)




レース

7/29(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/30(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/31(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン258
2位シャルル・ルクレール178
3位セルジオ・ペレス173
4位ジョージ・ラッセル158
5位カルロス・サインツ156
6位ルイス・ハミルトン146
7位ランド・ノリス76
8位エステバン・オコン58
9位バルテリ・ボッタス46
10位フェルナンド・アロンソ41

チームランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング431
2位スクーデリア・フェラーリ334
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム304
4位BWTアルピーヌF1チーム99
5位マクラーレンF1チーム95
6位アルファロメオF1チーム・オーレン51
7位ハースF1チーム34
8位スクーデリア・アルファタウリ27
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム20
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    第10戦イギリスGP & 第11戦 オーストリアGP合併号