F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

アストンマーティン、F1イギリスGPで2度目の大規模アップデートを実施へ「次の一歩もいいものになる」と自信

2022年6月28日

 アストンマーティンは、今シーズン2度目となる大規模アップデートをマシンに投入する予定だ。今週末のF1第10戦イギリスGPに向けて、AMR22に新パッケージを実装することになる。


 先月、アストンマーティンはバルセロナで大幅に改良されたマシンを登場させて話題をさらった。そのマシンは、レッドブルのRB18とその上向きに傾斜した独特なサイドポッドのデザインからかなりの、もしくは非常に多くのインスピレーションを得ていた。


 模倣の申し立てのなかで、アストンマーティンのマシンはFIAによって合法と見なされ、それ以来チームはパフォーマンスを向上させてきた。しかしアストンマーティンのチーム代表であるマイク・クラックによると、これで終わりではないという。


「我々は常に歩みを進めているが、大規模なものは少々異なる管理がなされている」とクラックが語ったと『The Race』は報じた。


「シルバーストンに向けてさらに大幅なアップデートを投入する予定だ。だがほとんどのチームがそうするものだと思う。どのチームがどれだけのものを持ち込み、どれだけの効果が出るのかが問題だ」


「だが我々は非常に自信を持っており、いい一歩を踏み出した。次の一歩もいいものになるだろう」


「そのため目標は中団のトップになることでなければならない。ポイント圏内でスタートできるようにするためだ」

セバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)
2022年F1第9戦カナダGP セバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)


 クラックは、現在の中団がどれだけ拮抗しているかを考えると、わずかな改善もチームにとってはF1の序列における大きな前進に等しいと主張している。


「大きく順位を上げるために大きな一歩を踏み出す必要はない」とクラックは語った。「過去は少し違った。相当下のポジションにいると、マシン同士の違いは非常に大きかった。だが、バクーでのFP3だったと思うが、5番手と15番手との差は0.4秒程度だったと思う」


「中団グループのトップにいるようにすれば、ポイントに必要なコンマ2、3秒が足りない場合と違って、はるかに多くのポイントを稼げる」


「それは、我々が新しいマシンに注目しているとは言えない理由でもある。我々はこのグループのトップにいなければならない。そうすればポイント争いが楽になるだろう。開幕の順位で1年を終わらせることはできないからだ」


 開幕から3戦の時点で、アストンマーティンはトップ10フィニッシュを獲得していない唯一のチームだった。それ以来、チームはバルセロナを除くすべてのラウンドで得点を重ねており、コンストラクターズランキングでは8位につけている。


 アップデート版パッケージはあるものの、クラックはチームにはシルバーストンでしっかり足場を築いておく必要があると述べている。コースレイアウトはバルセロナと似ており、バクーやモントリオールと違ってチームのマシンとは相性がよくないかもしれないからだ。


「確かにマシンが優れており、コースも競争力を発揮する助けになってくれるような組み合わせがあった。バルセロナのようなコースでの3戦よりもね」


「我々は地に足をつけておく必要がある。今後この種のコースにアップデートを持ち込む必要があることはわかっている。それがアップデートを行うことを選んだ理由でもある」


「競争力を保つためにマシンをアップデートしなければならない。シルバーストンではどのチームもアップデートを持ち込むことは分かっているからだ」

ランス・ストロール(アストンマーティン)
2022年F1第9戦カナダGP ランス・ストロール(アストンマーティン)



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

7/29(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/30(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/31(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン258
2位シャルル・ルクレール178
3位セルジオ・ペレス173
4位ジョージ・ラッセル158
5位カルロス・サインツ156
6位ルイス・ハミルトン146
7位ランド・ノリス76
8位エステバン・オコン58
9位バルテリ・ボッタス46
10位フェルナンド・アロンソ41

チームランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング431
2位スクーデリア・フェラーリ334
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム304
4位BWTアルピーヌF1チーム99
5位マクラーレンF1チーム95
6位アルファロメオF1チーム・オーレン51
7位ハースF1チーム34
8位スクーデリア・アルファタウリ27
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム20
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    第10戦イギリスGP & 第11戦 オーストリアGP合併号