F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

アロンソ、ペナルティで7位から9位に降格。ボッタスとのバトルのなかでウィービング/F1第9戦

2022年6月20日

 フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)はF1カナダGP決勝で、「ポジションを守るために2回以上方向転換を行った」として、5秒のタイムペナルティを受けた。


 アロンソは、2番グリッドからスタートし、エンジントラブルを抱えながら7位でフィニッシュした。しかし、レース終盤、バルテリ・ボッタス(アルファロメオ)に対してポジションを守っていた際に、ウィービングを行ったと判断された。

2022年F1第9戦カナダGP フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)
2022年F1第9戦カナダGP フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)

 スチュワードは、アロンソへのペナルティについて次のような説明をした。
「最後から2番目の周のターン10から12の間で、14号車(アロンソ)は、77号車(ボッタス)を相手にポジションを守るため、繰り返し方向転換を行い、77号車は一時的に減速しなければならず、短時間ながら勢いを失った」


「一度も77号車が14号車に並んだことはなかったというドライバーの指摘を尊重しつつも、スチュワードは、これは明らかなレギュレーション違反であると判断した。従ってスチュワードは、2022年オーストラリアの類似したインシデントの際に課したものと同様に、5秒のタイムペナルティを課す」


 アロンソはレースタイムに5秒加算されることで、7位から9位に降格になり、8位ボッタスと9位周冠宇のアルファロメオ勢が、ひとつずつ順位を上げることになる。



(autosport web)




レース

11/18(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/19(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/20(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン454
2位シャルル・ルクレール308
3位セルジオ・ペレス305
4位ジョージ・ラッセル275
5位カルロス・サインツ246
6位ルイス・ハミルトン240
7位ランド・ノリス122
8位エステバン・オコン92
9位フェルナンド・アロンソ81
10位バルテリ・ボッタス49

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング759
2位スクーデリア・フェラーリ554
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム515
4位BWTアルピーヌF1チーム173
5位マクラーレンF1チーム159
6位アルファロメオF1チーム・オーレン55
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム55
8位ハースF1チーム37
9位スクーデリア・アルファタウリ35
10位ウイリアムズ・レーシング8

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    第19戦アメリカGP&第20戦メキシコGP 合併号