F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

「バクーにはやり残した仕事がある」昨年アクシデントで逃した優勝を狙うフェルスタッペン/F1第8戦プレビュー

2022年6月10日

 F1のドライバーズ選手権で首位に立っているレッドブルのマックス・フェルスタッペンは、今週末の第8戦アゼルバイジャンGPに向けバクーを訪れることを楽しみにしていると語ったが、その一方で「やり残した仕事がある」とも述べた。


 2021年のアゼルバイジャンGPでは、フェルスタッペンはそのシーズン3度目の優勝に向けてレースで圧倒的なリードを保っていたが、メインストレートでタイヤがパンクし、チェッカーフラッグまであと6周のところでウォールに激突した。フェルスタッペンのライバルであるルイス・ハミルトン(レッドブル)もレースのリスタート後に不運に見舞われ、やはりバクーを手ぶらで去ることになった。その日のレッドブルを救ったのは、セルジオ・ペレスだった。

マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
2021年F1第6戦アゼルバイジャンGP 46周目のメインストレートで左リヤタイヤのバーストに見舞われたマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)


  2022年F1シーズンの第8戦を前に、フェルスタッペンはドライバーズ選手権でシャルル・ルクレール(フェラーリ)に9ポイント、ペレスに15ポイントの差をつけている。


「バクーに戻るのを楽しみにしている。昨年あそこでやり残した仕事があるからね」とフェルスタッペンはレッドブルのアゼルバイジャンGPプレビューで語った。


「大きなブレーキングゾーンがあるトリッキーなコースで、ランオフは狭い。適正なウイングレベルを見つけられるかという点では、最善のセットアップをマシンに施すのが難しい」


「また、これまで少し不足していた予選での1ラップのパフォーマンスをもっと引き出せるかどうか見るのもおもしろいだろう」

マックス・フェルスタッペン(レッドブル)
2022年F1第7戦モナコGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル)


 チームメイトのペレスは、前戦モナコでの最高の勝利と、レッドブルとの新たな2年契約を携えてバクーに向かう。


「将来が決まったことで、レース優勝と世界タイトル獲得という第一の目標に100%集中できる」とペレスは述べた。


「ハードワークがいつもこのように報われるのはすごいことだ。2年前の僕はF1でシートがなかったけれど、今は最高のチームにいる。僕はただこのチャンスを喜び、とても感謝しているとしか言いようがない」


「今、僕はキャリアでも最高の瞬間にいると思う。そして常に完璧を求めるチームのためにドライビングしている。僕にとってもどのドライバーにとっても完璧に合うことだ」


 今週末、ペレスは自身とチームのために、2戦連続の優勝または2年連続でバクーで勝利を飾るチャンスがある。


「モナコでチームとして達成したことを考えて、今もとても興奮している。僕の家族と母国にもたらされた喜びを目にしたことが、僕を大いにやる気にさせている」


「それでも、感動は脇に置いて、次のレースであるアゼルバイジャンに集中しなければならない。チャンピオンシップの戦いは本当に接戦だ。僕たちは完全に集中する必要がある。昨シーズン、チームとの初めてのバクーでのレースで獲得した特別な勝利は、素晴らしい喜びをもたらしてくれた」


「僕はストリートサーキットが好きだ。なぜならドライバーが違いを生むことができるからね。もちろん限界まで進もうとするとミスをしやすい。でも結局のところそうすることで必要な競争力を生み出すコンマ数秒を稼ぐことができるんだ」

セルジオ・ペレス(レッドブル)
2022年F1第8戦アゼルバイジャンGP セルジオ・ペレス(レッドブル)



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

9/30(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/1(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
10/2(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※シンガポールGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン341
2位シャルル・ルクレール237
3位セルジオ・ペレス235
4位ジョージ・ラッセル203
5位カルロス・サインツ202
6位ルイス・ハミルトン170
7位ランド・ノリス100
8位エステバン・オコン66
9位フェルナンド・アロンソ59
10位バルテリ・ボッタス46

チームランキング

※シンガポールGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング576
2位スクーデリア・フェラーリ439
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム373
4位マクラーレンF1チーム129
5位BWTアルピーヌF1チーム125
6位アルファロメオF1チーム・オーレン52
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム37
8位ハースF1チーム34
9位スクーデリア・アルファタウリ34
10位ウイリアムズ・レーシング6

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第17戦シンガポールGP 10/2
第18戦日本GP 10/9
第19戦アメリカGP 10/23
第20戦メキシコGP 10/30
第21戦ブラジルGP 11/13
  • 最新刊
  • F1速報

    第16戦 イタリアGP号