F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

Netflix、アメリカのF1テレビ放映権の入札に参加予定。Amazonや現保有者のESPNも名乗り

2022年6月9日

 動画の配信サービスなどを行うアメリカの『Netflix』は、アメリカでのF1放映権の入札に参加する予定だ。『Business Insider』によると、テレビ放映権については『ESPN』、『NBCUniversal』、『Amazon』といった世界的なストリーミングプラットフォームが名乗りを上げているという。


 アメリカではF1の人気が高まっているが、それはNetflixの人気ドキュメンタリー『Drive to Survive(邦題:栄光のグランプリ)』の成功に依るところが大きい。同シリーズはメディアグループの関心をかき立て、アメリカでのF1放映権の入札戦争につながる可能性がある。


 F1の商業権保有者であるリバティ・メディアは、この権利契約から1億ドル(約133億円)を集めることを望んでいる。アメリカでは、2023年シーズンより新たにラスベガスがオースティンとマイアミとともにカレンダーに加わり、前例のない3戦が開催されるのだ。

2023年よりF1ラスベガスGPの開催が決定、土曜日にナイトレースを実施へ。アメリカで3つ目のグランプリに
F1ラスベガスGPのコースレイアウト予想図


 ディズニー傘下の『ESPN』は2018年以来F1の放映権を保有しているが、Netflixはスポーツイベントの生中継の権利取得を避けてきた。しかし昨今の加入者の減少により、Netflixはその基盤に新たな収益源を見つけることを余儀なくされている。だが『ESPN』は、F1をチャンネルに留めておくことを決めており、一筋縄では引き下がることはない。


 ESPNのプログラミング&アクイジョンディレクターを務めるジョン・サチェンスキーは、「我々は積極的に更新を求めている」と述べた。


「我々には業界では類のない配信パッケージとイベントでの存在感があると考えている。それにESPNのプラットフォームに戻った2018年以来の視聴者数と露出の増加は、我々が彼らのためにできることを反映している」


「これは相互に利益のある関係だ。当然ながら彼らは他の選択肢も検討している」


「我々はマイアミで彼らと大変充実した話し合いをし、定期的に連絡を取り合っている」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

11/18(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/19(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/20(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン454
2位シャルル・ルクレール308
3位セルジオ・ペレス305
4位ジョージ・ラッセル275
5位カルロス・サインツ246
6位ルイス・ハミルトン240
7位ランド・ノリス122
8位エステバン・オコン92
9位フェルナンド・アロンソ81
10位バルテリ・ボッタス49

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング759
2位スクーデリア・フェラーリ554
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム515
4位BWTアルピーヌF1チーム173
5位マクラーレンF1チーム159
6位アルファロメオF1チーム・オーレン55
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム55
8位ハースF1チーム37
9位スクーデリア・アルファタウリ35
10位ウイリアムズ・レーシング8

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    第19戦アメリカGP&第20戦メキシコGP 合併号