F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【F速プレミアム】【王者フェルスタッペンの戦い】選手権リードも慎重な姿勢は崩さず「勝利と敗北が紙一重なのはよく知っている」

2022.06.08

 モンテカルロで行われたF1第7戦モナコGP。采配が振るわなかったフェラーリに対し、レッドブル陣営は優れた戦略でセルジオ・ペレスの優勝、そしてマックス・フェルスタッペンが3位という好成績を上げ、チャンピオンシップ争いでさらにリードを広げた。スイス在住のF1ジャーナリスト、マチアス・ブルナーがフェルスタッペンの週末を振り返る。

------------------------------------

 潮流は変わりつつある、それも急速に。オーストラリアGPの終了時点では、フェラーリのエース、シャルル・ルクレールが71点差で選手権をリードし、マックス・フェルスタッペンは3戦で2度のリタイアを喫して、わずか25点しか獲得していなかった。ところが、それからの4戦でマックスは3勝(イモラ、マイアミ、バルセロナ)をあげ、いまや125対116で首位に立っている。

 今季の選手権を牽引するふたりのドライバーは、いずれもモンテカルロでの好成績を切望していた。ルクレールはこれまで戦ってきたどのレースカテゴリーでも、この母国でのレースを完走したことがなかった。一方、フェルスタッペンはF1世界選手権の至宝とも称されるこのグランプリで、昨年優勝を飾っている。


※こちらの記事はプレミアム会員専用のコンテンツとなります。
一般+プレミアム会員一括登録

会員登録ページへ
※プレミアム会員登録後、本文記事が表示されない場合、ページの更新をお試しください。



レース

7/1(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/2(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/3(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※イギリスGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン181
2位セルジオ・ペレス147
3位シャルル・ルクレール138
4位カルロス・サインツ127
5位ジョージ・ラッセル111
6位ルイス・ハミルトン93
7位ランド・ノリス58
8位バルテリ・ボッタス46
9位エステバン・オコン39
10位フェルナンド・アロンソ28

チームランキング

※イギリスGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング328
2位スクーデリア・フェラーリ265
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム204
4位マクラーレンF1チーム73
5位BWTアルピーヌF1チーム67
6位アルファロメオF1チーム・オーレン51
7位スクーデリア・アルファタウリ27
8位ハースF1チーム20
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム18
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第10戦イギリスGP 7/3
第11戦オーストリアGP 7/10
第12戦フランスGP 7/24
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
  • 最新刊
  • F1速報

    第7戦モナコGP号