F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【F速プレミアム】【王者フェルスタッペンの戦い】“鋼の精神”でチャンスを掴み逆転優勝。チャンピオン争いに一歩前進

2022.05.18

 アメリカ・フロリダ州でF1初開催となったマイアミ・インターナショナル・オートドローム。未経験のサーキットでレッドブルのマックス・フェルスタッペンが前戦エミリア・ロマーニャGPに続き連勝を飾った。一方でチームメイトのセルジオ・ペレスはマシンに問題が発生。今後のレースに向け懸念が残った。スイス在住のF1ジャーナリスト、マチアス・ブルナーがフェルスタッペンの週末を振り返る。

------------------------------------

 マイアミで開催されたグランプリは、私たちには目新しいものを数多く見せてくれた。フェルスタッペンが体験した900馬力のスワンプ・バギー(注:浅い沼地のようなコースでレースをする特殊な水陸両用車)もそのひとつだ。レッドブルのプロモーション活動の一環として、現F1世界王者はこの見た目も奇妙な乗り物をドライブする機会を得た。マックスは笑いながら言う。「とにかく驚いたね。こんな代物は、これまで一度も見たことがなかったから。でも、実際に走らせてみると、すごく楽しかったよ。スロットルを床まで踏み込むと水の上を滑走するみたいになるし、エンジンの音も本当にクールだ」

 そうして沼地で楽しんだあと、彼は別の沼に足を取られた。またしても最悪のプラクティス初日を送り、一日を通じてたった15周しか走れなかったのだ。クルマがオーバーヒートの兆候を示した上に、ギヤボックスのトラブルやハイドロリック系の問題に見舞われ、彼自身もトリッキーなマイアミのサーキットで二度ほどコースオフを演じたのである。


※こちらの記事はプレミアム会員専用のコンテンツとなります。
一般+プレミアム会員一括登録

会員登録ページへ
※プレミアム会員登録後、本文記事が表示されない場合、ページの更新をお試しください。



レース

7/1(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/2(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/3(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※イギリスGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン181
2位セルジオ・ペレス147
3位シャルル・ルクレール138
4位カルロス・サインツ127
5位ジョージ・ラッセル111
6位ルイス・ハミルトン93
7位ランド・ノリス58
8位バルテリ・ボッタス46
9位エステバン・オコン39
10位フェルナンド・アロンソ28

チームランキング

※イギリスGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング328
2位スクーデリア・フェラーリ265
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム204
4位マクラーレンF1チーム73
5位BWTアルピーヌF1チーム67
6位アルファロメオF1チーム・オーレン51
7位スクーデリア・アルファタウリ27
8位ハースF1チーム20
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム18
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第10戦イギリスGP 7/3
第11戦オーストリアGP 7/10
第12戦フランスGP 7/24
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
  • 最新刊
  • F1速報

    第7戦モナコGP号