F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

スプリントを制したフェルスタッペン「終盤ルクレールよりタイヤの状態が良かったことで首位を取り戻せた」/F1第4戦

2022年4月24日

 2022年F1エミリア・ロマーニャGPの土曜スプリントで、レッドブルのマックス・フェルスタッペンは1番手でフィニッシュした。1番グリッドからスタートした直後にシャルル・ルクレール(フェラーリ)に抜かれ、スプリントレースの大半を2番手で走った。終盤、タイヤに苦しみ出したルクレールとの距離を縮め、21周のレースの16周目にDRS圏内に入り、20周目のファーストシケインで追い抜き、そのままトップでチェッカーを受けた。


 フェルスタッペンはスプリントでの勝利により8ポイントを獲得した。

2022年F1第4戦エミリア・ロマーニャGP 土曜スプリントを制したマックス・フェルスタッペン(レッドブル)
2022年F1第4戦エミリア・ロマーニャGP 土曜スプリントを制したマックス・フェルスタッペン(レッドブル)

■マックス・フェルスタッペン(オラクル・レッドブル・レーシング)
FP2=7番手(1分20秒371:ミディアムタイヤ/36周)
スプリント=1番手(1番グリッド/ソフトタイヤ)


 チームとしていい仕事をした。もちろんポジティブな一日だよ。


 スタートはベストの出来ではなかったので、何が起こったのか調査する必要がある。でもその後のレースペースは良かった。


 最初の約10周、シャルルとのギャップはそれほど大きくは広がらなかった。その後、タイヤのデグラデーションが出てきた。終盤、ギャップを縮めることができて、最終的に僕が前に出た。


 明日はまた別の一日だし、何の保証もない。引き続きかなりの接戦になり、難しい戦いに立ち向かうことになるだろう。今は明日のことに集中している。決勝でいい仕事をしたいね。

2022年F1第4戦エミリア・ロマーニャGP土曜スプリント マックス・フェルスタッペン(レッドブル)とシャルル・ルクレール(フェラーリ)のバトル
2022年F1第4戦エミリア・ロマーニャGP土曜スプリント マックス・フェルスタッペン(レッドブル)とシャルル・ルクレール(フェラーリ)のバトル

(『Sky Sports』に語り)後ろから(ルクレールに対して)プレッシャーをかけられるようになるまで少し時間がかかった。でも、レース終盤、僕たちのタイヤの方が少し状態が良かったので、DRS圏内に入ることができたんだ。



(autosport web)




レース

9/30(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/1(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
10/2(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※シンガポールGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン341
2位シャルル・ルクレール237
3位セルジオ・ペレス235
4位ジョージ・ラッセル203
5位カルロス・サインツ202
6位ルイス・ハミルトン170
7位ランド・ノリス100
8位エステバン・オコン66
9位フェルナンド・アロンソ59
10位バルテリ・ボッタス46

チームランキング

※シンガポールGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング576
2位スクーデリア・フェラーリ439
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム373
4位マクラーレンF1チーム129
5位BWTアルピーヌF1チーム125
6位アルファロメオF1チーム・オーレン52
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム37
8位ハースF1チーム34
9位スクーデリア・アルファタウリ34
10位ウイリアムズ・レーシング6

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第17戦シンガポールGP 10/2
第18戦日本GP 10/9
第19戦アメリカGP 10/23
第20戦メキシコGP 10/30
第21戦ブラジルGP 11/13
  • 最新刊
  • F1速報

    第16戦 イタリアGP号