F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

インディカー王者のニューガーデン「F1はドライバーのための選手権には見えない」可能ならドライブを希望

2022年1月24日

 2度のインディカーチャンピオンであるジョセフ・ニューガーデンは、F1はマニュファクチャラーとテクノロジーに重点が置かれていることから、「ドライバーのためのチャンピオンシップという感じがあまりしない」と述べている。


 NTTインディカーシリーズにチーム・ペンスキーから参戦しているニューガーデンは、かつてはグランプリドライバーになる野望を持っていた。テネシー州ナッシュビル出身のニューガーデンはキャリア初期をヨーロッパで過ごし、ブリティッシュ・フォーミュラ・フォード、フォーミュラ・パーマーを経て、2010年にはカーリンからGP3に参戦していた。


 しかしながらニューガーデンは結果を出すことができず、最終的に母国へ戻ることを促された。アメリカに戻ったニューガーデンは、インディ・ライツでモータースポーツ活動を続け、2012年にインディカーにステップアップした。


 2017年にチーム・ペンスキーに移籍したことで成功を収めたニューガーデンは、これまで17回の優勝と2度のタイトル獲得を達成した。素晴らしい実績を積んだニューガーデンは、F1でレースをするという初期の夢を諦めたことを後悔していない。


「僕にとってF1の魅力はマシンのすごさだと思う」とニューガーデンは、今週初めに行われたインディカーのプレシーズン・メディアイベントで語ったと『Autoweek』は報じている。


「F1について考えるときは、マニュファクチャラー選手権のことを考える。最速のマシンを法外な予算のなかで作り上げようとするんだ。それがエキサイティングなところだ」


「年齢を重ねるにつれて、さらにレースに参戦したりF1を見たりすると、F1が本当に僕がレースをしたい場所か分からなくなる。僕にとっては、ドライバーのためのチャンピオンシップには見えないんだ」

2021年F1第17戦アメリカGP 決勝スタート
2021年F1第17戦アメリカGP 決勝スタート


 31歳のニューガーデンはそのような疑念を持ってはいても、現代F1マシンに乗るチャンスをつかもうとするだろうと語っている。


「非常に素晴らしいチャンピオンシップだし、これまでも常にそうだった」とニューガーデンは付け加えた。


「間違いなく僕がやってみたいことだ」


「経験のために、可能ならどのマシンでもドライブしてみたい。そうすれば、実際にそのことについて話すとき、より直接的な知識が得られるだろう」


 2022年、ニューガーデンはインディカーで11回目のシーズンに乗り出そうとしているが、インディカーがモータースポーツのトップカテゴリーのなかで、最も競争が激しいチャンピオンシップだと確信している。


「インディカーは、レーシングドライバーとして最も競争力のある成果を得られるところだと思う」とニューガーデンは語った。


「もしトップレベルのレーシングドライバーで、レースのためのチャンスやチャンピオンシップのタイトル獲得、状況に関係なく大きなレースで勝利することを求めているのならね」

ジョセフ・ニューガーデン(チーム・ペンスキー)
ジョセフ・ニューガーデン(チーム・ペンスキー)

インディカーを戦うジョセフ・ニューガーデン(チーム・ペンスキー)
インディカーを戦うジョセフ・ニューガーデン(チーム・ペンスキー)

2021年F1第19戦ブラジルGP ルイス・ハミルトン&バルテリ・ボッタス(メルセデス)
2021年F1第19戦ブラジルGP ルイス・ハミルトン&バルテリ・ボッタス(メルセデス)

2021年F1第20戦カタールGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
2021年F1第20戦カタールGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

5/20(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
5/21(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
5/22(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※スペインGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン110
2位シャルル・ルクレール104
3位セルジオ・ペレス85
4位ジョージ・ラッセル74
5位カルロス・サインツ65
6位ルイス・ハミルトン46
7位ランド・ノリス39
8位バルテリ・ボッタス38
9位エステバン・オコン30
10位ケビン・マグヌッセン15

チームランキング

※スペインGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング195
2位スクーデリア・フェラーリ169
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム120
4位マクラーレンF1チーム50
5位アルファロメオF1チーム・オーレン39
6位BWTアルピーヌF1チーム34
7位スクーデリア・アルファタウリ17
8位ハースF1チーム15
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム6
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第6戦スペインGP 5/22
第7戦モナコGP 5/29
第8戦アゼルバイジャンGP 6/12
第9戦カナダGP 6/19
第10戦イギリスGP 7/3
  • 最新刊
  • F1速報

    第4戦エミリア・ロマーニャGP号