F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

リカルド、パフォーマンスの向上やプレッシャー軽減のため「F1マシンの技術的なことから少し距離を置く」と明かす

2022年1月18日

 マクラーレンのダニエル・リカルドは、F1の技術面について多くを知っているわけではないことを認めている。リカルドは意識的に知らずにいようとしており、それが彼にとってはうまくいっているようなのだという。


 グリッド上の他のドライバーたちは、マシン開発とセットアップの細かな部分にまで強い興味を抱いていることで知られている。たとえばセバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)はミハエル・シューマッハーやアラン・プロストらのように、物事の仕組みを詳細まで理解している。


 しかしリカルドはまったく違っている。オーストラリアのポッドキャスト『Gypsy Tales』に語ったところによると、リカルドはあえて技術的な側面は避けて、より“気楽な”スタイルでドライビングすることにしているという。

ダニエル・リカルド(マクラーレン)
2021年F1第17戦アメリカGP ダニエル・リカルド(マクラーレン)


「全部のことを知りたくはない」とリカルドは主張した。「自分のエネルギーをさらにドライビングに注ぎ込みたいし、技術的なあらゆることからは少し距離を置きたい」


「そうすることでもう少し気楽な姿勢でアプローチできる。より優れた走行をしたりパフォーマンスを上げる役に立つし、技術面のプレッシャーを取り除くことができると思う」


「僕がドライビングで秀でているところはフィードバックだ。マシンの挙動を感じてチームに伝えるのが得意だから、技術的には十分だろう」


 リカルドの友人たちは、彼が世界でも最先端の技術的に洗練されたマシンをドライブしているのに、自分の自家用車のスパークプラグやタイヤの交換にいたってはほとんどできないことを面白がっているという。

ダニエル・リカルド(マクラーレン)
2021年F1第16戦トルコGP ダニエル・リカルド(マクラーレン)

■「最初は間違いなく腰が引けていた」2011年のF1デビューを振り返る

 リカルドは、初めて母国オーストラリアから世界へレース活動の舞台を切り替えた際にどれだけ圧倒されたか、また、2011年にシルバーストンでF1デビューを飾る可能性がいかに厳しいものだったかについて語った。


「オーストラリアからF1とその世界に入っていくのは大変だった」とリカルドは認めた。


「世界には隔絶された地域がたくさんあるが、明らかにパースもそのひとつだ」


「F1は台座の上にあるようだった。僕はそれに畏敬の念を抱いていた。そして数年後に僕はそこにいたんだ。シューマッハーが現役で、僕が子供の頃に文字通り崇拝していた人たちがいた。僕はそのことに圧倒された。『僕はどうやってここに来たんだ?!』という感じだったよ」


「最初は間違いなく腰が引けていた。F1に慣れるための学びの過程にあったが、最終的には自分がここに属していることを信じるようになった」

ダニエル・リカルド(ヒスパニア・レーシング・チーム)
2011年F1第9戦イギリスGP ダニエル・リカルド(ヒスパニア・レーシング・チーム)


 リカルドは、自身が6歳の頃は、サーキットで輝く早熟な才能の持ち主のひとりというわけではなかったという。


「もちろん僕は上手かったが、抜きん出ていたわけではなかった。僕がF1にたどり着くだろうことを示す本当の兆し、早期の兆しはなかった」


 しかししばらくしてリカルドは、元チャンピオンのシューマッハーやフェルナンド・アロンソ、キミ・ライコネンといったグリッドの他のドライバーたちもみな、世間では強いところを見せながら同じ気持ちを抱いていたことに気づいた。


「周りのみんなを人間的な目で見て、彼らがそれほど超人的に見えないようにするんだ。シューマッハーやアロンソ、ライコネンや誰であれ、彼らも同じ道を進まなければならなかった」


「理由があってたどり着いたのだと、自分自身のなかで信じなければならなかった」


 リカルドはF1で210戦に出場し、レッドブルでは2018年モナコGPでの勝利を含む7度の優勝を飾った。最近の勝利は2021年イタリアGPでのもので、移籍後の難しい年にもかかわらず、現在のチームメイトのランド・ノリスとともにマクラーレンでワン・ツーフィニッシュを飾ることになった。


「他のチームのことや僕の将来をかすめていったことなど、マクラーレン以外のことを考えていない理由は、おそらく僕のキャリアでもっとも難しい年に優勝したからだ」とリカルドは『FormulaNerds.com』に語った。


「だから『(このような状況で)勝てたということは、この先どんな旅が待っているんだろう?』という感じだ。僕は間違いなく興奮しているし、僕はここでやっていきたい。可能性があるなら最後までね」

2021年F1第14戦イタリアGP ダニエル・リカルド(マクラーレン)が優勝
2021年F1第14戦イタリアGP ダニエル・リカルド(マクラーレン)が優勝

2018年F1モナコGP 優勝したダニエル・リカルド(レッドブル)
2018年F1モナコGP 優勝したダニエル・リカルド(レッドブル)



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

5/20(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 24:00〜25:00
5/21(土) フリー走行3回目 20:00〜21:00
予選 23:00〜
5/22(日) 決勝 22:00〜


ドライバーズランキング

※マイアミGP終了時点
1位シャルル・ルクレール104
2位マックス・フェルスタッペン85
3位セルジオ・ペレス66
4位ジョージ・ラッセル59
5位カルロス・サインツ53
6位ルイス・ハミルトン36
7位ランド・ノリス35
8位バルテリ・ボッタス30
9位エステバン・オコン24
10位ケビン・マグヌッセン15

チームランキング

※マイアミGP終了時点
1位スクーデリア・フェラーリ157
2位オラクル・レッドブル・レーシング151
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム95
4位マクラーレンF1チーム46
5位アルファロメオF1チーム・オーレン31
6位BWTアルピーヌF1チーム26
7位スクーデリア・アルファタウリ16
8位ハースF1チーム15
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム6
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第6戦スペインGP 5/22
第7戦モナコGP 5/29
第8戦アゼルバイジャンGP 6/12
第9戦カナダGP 6/19
第10戦イギリスGP 7/3
  • 最新刊
  • F1速報

    第4戦エミリア・ロマーニャGP号