F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

元最高権威者エクレストン、現在のF1には「ライコネンのようなドライバーは多くない」と語る

2022年1月13日

 F1の元最高権威者バーニー・エクレストンは、彼にとって引退したキミ・ライコネンがF1における最後の好みのドライバーだったと述べている。ライコネンは率直で誠実に話すので、“ロボット”のようではなかったという。


 21回のグランプリ優勝経験を持ち、世界タイトルを1回獲得したライコネンは、先月アブダビでF1でのキャリアに幕を下ろした。だがこれから何年も、アイスマンはエクレストンを含む多くのF1ファンの心に残るだろう。エクレストンは、F1の政治的公正さを背景に際立っていたライコネンの型破りな性格と態度を常に好ましく思っていたのだ。


「キミは人として超越した人間だ」とエクレストンは『Sport1.de』に語った。


「ドライバーとしては、ある種のレースドライバーだ! 彼は望まれていて、レースをする。そして他人のことをほとんど気にしない。いやむしろ、彼は他人に意見するのだ」


「今日では、キミのような者はそう多くはないと思う。それが問題だ。ドライバーはみんな、まったくのロボットになった。自分が正しいと考えたことをやるのではなく、言われたことを聞いてやるのだ」

バーニー・エクレストン&キミ・ライコネン(ロータス)
2012年F1バーレーンGP バーニー・エクレストン&キミ・ライコネン(ロータス)


 現在42歳のライコネンは自身の将来について思案しているところだが、F1パドックにふたたび足を踏み入れることはないかもしれないと最近認めている。


「時が経てば分かる」とライコネンはドイツの『BILD』に語った。


「すでに自分で分かっていることは、F1ではドライビングだけが僕の好きなものだったということだ!」


 F1における19年のキャリアのなかで与えられた最高のアドバイスについて尋ねられたライコネンは、他人の助言に耳を傾けることは滅多になかったことを明らかにした。


「多くの人たちが僕に助言しようとしたが、僕はどれも聞かなかった!」


「いつも自分のやることをして、後悔したことはない。また自分ですべてのことをするだろう。誰もが自分の人生で何が重要なのか知らなければならない。ボスでさえ指図することはできないよ」


“レジェンド”のレッテルをライコネンに貼ろうと主張している人々について、2007年のF1世界チャンピオンであるライコネンは次のように述べた。


「みんなそのことを言っている。僕はそれには興味がない。自分が誰だか分かっている。僕はキミだ!」

キミ・ライコネン(アルファロメオ)
2021年F1第22戦アブダビGP キミ・ライコネン(アルファロメオ)



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

5/20(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
5/21(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
5/22(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※スペインGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン110
2位シャルル・ルクレール104
3位セルジオ・ペレス85
4位ジョージ・ラッセル74
5位カルロス・サインツ65
6位ルイス・ハミルトン46
7位ランド・ノリス39
8位バルテリ・ボッタス38
9位エステバン・オコン30
10位ケビン・マグヌッセン15

チームランキング

※スペインGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング195
2位スクーデリア・フェラーリ169
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム120
4位マクラーレンF1チーム50
5位アルファロメオF1チーム・オーレン39
6位BWTアルピーヌF1チーム34
7位スクーデリア・アルファタウリ17
8位ハースF1チーム15
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム6
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第6戦スペインGP 5/22
第7戦モナコGP 5/29
第8戦アゼルバイジャンGP 6/12
第9戦カナダGP 6/19
第10戦イギリスGP 7/3
  • 最新刊
  • F1速報

    第4戦エミリア・ロマーニャGP号