F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

レッドブルF1のペレス、2021年ハイライトはメキシコGPでの表彰台獲得「いつかホームレースで優勝したい」

2022年1月12日

 セルジオ・ペレスは、レッドブル・レーシングでの波乱万丈の1年目を耐え抜いたが、彼には永遠に大切にしていく2021年の記憶がひとつある。


 ほぼすべてのドライバーがそうだったように、ペレスもシーズン中のほとんどの間、ずば抜けて速いチームメイトのマックス・フェルスタッペンを下回っていた。それでもペレスはドライバーズ選手権において190ポイントを獲得し、結果としてその活躍がフェルスタッペンの世界タイトル獲得を手助けした。


 ペレスは第6戦アゼルバイジャンGPでレッドブル移籍後の初優勝を記録したが、それは彼のシーズンのハイライトではなかった。代わりに31歳のペレスは、メキシコで行われた母国レースでの表彰台獲得を、2021年の感動的なクライマックスとして挙げた。

セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)
2021年F1第18戦メキシコGP セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)


「あれは僕自身と僕のキャリアにとって、とても素晴らしい瞬間だった。なぜなら、キャリアの初めからずっと僕と一緒にいた人々が全員(あの場に)いたからだ」とペレスはタグ・ホイヤーの『The Edge』に語った。


「そして昨年(2020年の終わり)にはシートがなかったという事実を忘れることはできない。レッドブルがチャンスをくれなかったら、多分F1での僕のキャリアは終わっていただろう」


「僕のファンたち、観客、家族、また最初からずっと一緒だった仲間たちがいた。そして最初から僕のキャリアを一番に支えてきてくれたカルロス・スリムがトロフィーを渡してくれたから、僕たちふたりにとってかけがえのない、特別な瞬間だった」


「素晴らしかったけれど、それだけでは十分ではない。僕はいつか自分のホームグランプリで優勝したい」


 過去と、2020年後半に経験した不安定な時期を振り返ったペレスは、人は困難な時期からより深く学ぶことができ、忍耐と粘り強さは報われるということに触れた。


「僕は難しい時期により深く学ぶことができると常に思っているし、一番大切な事は諦めず常に前を向いていることだと思う」


「いつだって新しい機会が訪れるし、新しい日が始まる。そして明日はもっと上手くやることができるんだ」

セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)
2021年F1第18戦メキシコGP表彰式 カルロス・スリム&セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)

2021年F1第18戦メキシコGP 3位のセルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)が息子と喜びを分かち合う
2021年F1第18戦メキシコGP 3位のセルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)が息子と喜びを分かち合う



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

6/18(土) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
6/19(日) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
6/20(月) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※カナダGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン175
2位セルジオ・ペレス129
3位シャルル・ルクレール126
4位ジョージ・ラッセル111
5位カルロス・サインツ102
6位ルイス・ハミルトン77
7位ランド・ノリス50
8位バルテリ・ボッタス46
9位エステバン・オコン39
10位フェルナンド・アロンソ18

チームランキング

※カナダGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング304
2位スクーデリア・フェラーリ228
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム188
4位マクラーレンF1チーム65
5位BWTアルピーヌF1チーム57
6位アルファロメオF1チーム・オーレン51
7位スクーデリア・アルファタウリ27
8位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム16
9位ハースF1チーム15
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第9戦カナダGP 6/19
第10戦イギリスGP 7/3
第11戦オーストリアGP 7/10
第12戦フランスGP 7/24
第13戦ハンガリーGP 7/31
  • 最新刊
  • F1速報

    第7戦モナコGP号