F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

悲願のF1タイトル獲得を受け、ホンダ三部社長がコメント「最後の最後まであきらめないで攻め続ける姿にとても感動しました」

2021年12月13日

 2021年F1最終戦アブダビGPでマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)がドライバーズタイトルを獲得したことを受け、本田技研工業株式会社 三部敏宏 代表執行役社長がコメントを発表した。


 2021年末でF1活動を終了するホンダは、最終シーズンに、1991年のアイルトン・セナ以来30年ぶりのタイトル獲得を達成した。

2021年F1第22戦アブダビGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)が優勝し、タイトルを獲得

「フェルスタッペン選手、初のワールドチャンピオンおめでとうございます。HRD-Sakuraでの観戦となりましたが、最後の最後までチャンピオンへの可能性をあきらめないで攻め続ける姿にとても感動しました」と三部社長はコメントしている。


「2019年からともに戦い続けてきたフェルスタッペン選手とレッドブル・レーシングの皆様に祝福と感謝の気持ちをお伝えするとともに、これまでホンダのF1プロジェクトに対し多大なるサポートをいただいたスクーデリア・アルファタウリやサプライヤー様ならびに関係者の皆様、そしていつもホンダF1を応援して下さるファンの皆様に御礼申し上げます」


「また、ホンダにとっても悲願であるF1タイトルを獲得し、ホンダの歴史に新たな1ページを記すことができました。F1で王者になることを目標に地道な研究開発を続け、数々のブレイクスルーを果たしてきたHRD-SakuraやHRD-UKなどのプロジェクトに携わったすべてのメンバーに対しては、『本当によくやってくれた!ありがとう』という思いでいっぱいです」

マックス・フェルスタッペン/レッドブル・レーシング・ホンダ F1チャンピオン記念ロゴ
マックス・フェルスタッペン/レッドブル・レーシング・ホンダ F1チャンピオン記念ロゴ



(autosport web)




レース

5/20(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
5/21(土) フリー走行3回目 20:00〜21:00
予選 23:00〜
5/22(日) 決勝 22:00〜


ドライバーズランキング

※マイアミGP終了時点
1位シャルル・ルクレール104
2位マックス・フェルスタッペン85
3位セルジオ・ペレス66
4位ジョージ・ラッセル59
5位カルロス・サインツ53
6位ルイス・ハミルトン36
7位ランド・ノリス35
8位バルテリ・ボッタス30
9位エステバン・オコン24
10位ケビン・マグヌッセン15

チームランキング

※マイアミGP終了時点
1位スクーデリア・フェラーリ157
2位オラクル・レッドブル・レーシング151
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム95
4位マクラーレンF1チーム46
5位アルファロメオF1チーム・オーレン31
6位BWTアルピーヌF1チーム26
7位スクーデリア・アルファタウリ16
8位ハースF1チーム15
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム6
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第6戦スペインGP 5/22
第7戦モナコGP 5/29
第8戦アゼルバイジャンGP 6/12
第9戦カナダGP 6/19
第10戦イギリスGP 7/3
  • 最新刊
  • F1速報

    第4戦エミリア・ロマーニャGP号