F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

フェルスタッペン父「マックスは諦めずに攻め続け、ワンチャンスをものにした。チャンピオンにふさわしい」/F1第22戦

2021年12月13日

 2021年のF1チャンピオンとなったマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)の父ヨスは、タイトルをつかめるかどうか不安に思うような時でも、マックスは100パーセントの力で戦い続け、チャンスをものにしたとして、自分の息子を誇りに思うと述べた。

2021年F1第22戦アブダビGP レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンと父ヨス
2021年F1第22戦アブダビGP レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンと父ヨス

 アブダビGP決勝に向けてフェルスタッペンはポールポジションを獲得したものの、スタートでルイス・ハミルトンに抜かれ、レースペースでもかなわず、終始2番手を走行する展開になった。しかしレース終盤のアクシデントでセーフティカーが出動、その間に新品ソフトタイヤに交換したフェルスタッペンは、ステイアウトしたハミルトンを抜いて、最終ラップでトップに立ち、優勝とタイトルをつかんだ。

2021年F1第22戦アブダビGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)が優勝し、タイトルを獲得

「とても誇りに思う」とヨスは『Sky Sports F1』に対してコメントした。


「もちろん、セーフティカー出動によって、今この立場にいるということは分かっている。だが、この結果をつかむために仕事を成し遂げる必要があった。チームも素晴らしい戦略を立てた。(フレッシュタイヤに交換するために)ピットに入れたのだ」


「彼らは非常に素晴らしい仕事をしてきた。マックスは今年ベストのドライバーだと思う。彼はこのタイトルにふさわしい」


「もちろん、チーム全体が(メルセデスのことを)懸念していた。彼らには速さがあったからだ。だが、それでも彼(マックス)は戦い続けた」


「彼は今後も戦い続ける。彼のDNAにそう刻まれているからだ。今日もそれを証明してみせた。彼はこう言った。『すべてのラップを全力で走った。最大限の走りをした』とね。彼にはワンチャンスしかなかった。それをつかみとったのだ」

2021年F1第22戦アブダビGP 優勝しタイトルを獲得したレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンとガールフレンドのケリー・ピケさん
2021年F1第22戦アブダビGP 優勝しタイトルを獲得したレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンとガールフレンドのケリー・ピケさん



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

5/20(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
5/21(土) フリー走行3回目 20:00〜21:00
予選 23:00〜
5/22(日) 決勝 22:00〜


ドライバーズランキング

※マイアミGP終了時点
1位シャルル・ルクレール104
2位マックス・フェルスタッペン85
3位セルジオ・ペレス66
4位ジョージ・ラッセル59
5位カルロス・サインツ53
6位ルイス・ハミルトン36
7位ランド・ノリス35
8位バルテリ・ボッタス30
9位エステバン・オコン24
10位ケビン・マグヌッセン15

チームランキング

※マイアミGP終了時点
1位スクーデリア・フェラーリ157
2位オラクル・レッドブル・レーシング151
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム95
4位マクラーレンF1チーム46
5位アルファロメオF1チーム・オーレン31
6位BWTアルピーヌF1チーム26
7位スクーデリア・アルファタウリ16
8位ハースF1チーム15
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム6
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第6戦スペインGP 5/22
第7戦モナコGP 5/29
第8戦アゼルバイジャンGP 6/12
第9戦カナダGP 6/19
第10戦イギリスGP 7/3
  • 最新刊
  • F1速報

    第4戦エミリア・ロマーニャGP号