F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

F1 Topic:2度目のリスタートの際に、フェルスタッペンの順位が変わった経緯/サウジアラビアGPの疑問(2)

2021年12月8日

 今回のF1第21戦サウジアラビアGPでちょっと珍しいことが起きた。それは2回目の赤旗後、再開までの間にレースディレクターのマイケル・マシとレッドブルのスポーティングディレクターのジョナサン・ウィートリー、そしてメルセデスのスポーティングディレクターのロン・メドウズのやりとりが公開されたことだ。

F1 Topic
2回目の赤旗により、各車はピットレーンでレース再開を待った

F1 Topic
レッドブルのスポーティングディレクターを務めるジョナサン・ウィートリー(右)


 それに至った背景は、1回目の赤旗後の再スタートで、ポールポジションからスタートしたマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)が、2番手からスタートしたルイス・ハミルトン(メルセデス)に並びかけられながらも、アウト側に粘り、コース外に出た後、2コーナーをショートカットする形でハミルトンの前に出て、再びラップリーダーの座に留まったことが関係していた。


 通常であれば、コース外に出て不当にアドバンテージを得た場合は、ペナルティを科される前にポジションを返上しなければならないが、直後に多重クラッシュが発生して、赤旗中断となったため、2度目の赤旗後の再開スタートをどうするのかというやりとりが行われた。

マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)&ルイス・ハミルトン(メルセデス)
2021年F1第21戦サウジアラビアGP 1回目のリスタートでは、マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)が2コーナーをカットする形でルイス・ハミルトン(メルセデス)の前に出た


 マシがレッドブル側に提案したのは、「ポールポジションを放棄して、ハミルトンの後ろ3番手からスタートすれば、2コーナーのショートカットは不問に伏してもいい」というものだった。もし従わなければペナルティを科せられることになると認識したレッドブル・ホンダ側は、マシの提案を受け入れた。そのやりとりが、まるでアメリカの刑事裁判の司法取引のようだと話題となった。


 この件について、レース後、マシは「あれは取引ではない。私は彼らにオファーしただけで、それを受け入れるかどうかは彼ら次第だった。今回に限らず、ごく普通に行われている議論だ」と答えた。


 ホンダの山本雅史マネージングディレクターも、インシデントが起きた直後に赤旗が出るという特殊なケースだったことが関係しているのではないかと語った。


「正直、不思議だなと思いましたが、通常だとポジションを戻して前に行かせることでペナルティを回避するわけですが、赤旗になってできなくなったから、どちらかの選択をさせてくれるという提案をしてきたのかなと個人的には思っています」


 ただし、この問題はそこではない。それに至った経緯をテレビの視聴者にわかりやすく説明しないまま、レースが再開されたことだ。野球でも相撲でも判定に関して審議が行われれば、審判はその裁定をマイクを使って説明している。国際中継を担当しているFOMは、そのため急きょレースディレクターとチームのスポーティングディレクターの会話をオンエアしたのだろうが、プロのスタッフ同士の会話だけでは、一般の視聴者は理解できない。赤旗中断中で、時間はあったのだから、きちんとした説明がほしかった。

マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
2021年F1第21戦サウジアラビアGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)



(Masahiro Owari)




レース

12/10(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
12/11(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
12/12(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン395.5
2位ルイス・ハミルトン387.5
3位バルテリ・ボッタス226
4位セルジオ・ペレス190
5位カルロス・サインツJr.164.5
6位ランド・ノリス160
7位シャルル・ルクレール159
8位ダニエル・リカルド115
9位ピエール・ガスリー110
10位フェルナンド・アロンソ81

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム613.5
2位レッドブル・レーシング・ホンダ585.5
3位スクーデリア・フェラーリ・ミッション・ウィノウ323.5
4位マクラーレンF1チーム275
5位アルピーヌF1チーム155
6位スクーデリア・アルファタウリ・ホンダ142
7位アストンマーティン・コグニザント・フォーミュラワン・チーム77
8位ウイリアムズ・レーシング23
9位アルファロメオ・レーシング・オーレン13
10位ウラルカリ・ハースF1チーム0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第13戦オランダGP 9/5
第14戦イタリアGP 9/12
第15戦ロシアGP 9/26
第16戦トルコGP 10/10
第17戦アメリカGP 10/24
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年総集編