F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

レッドブル・ホンダ密着:木曜からリヤウイングとDRSを入念に確認。2台ともにトラブルフリーで初日を終える

2021年12月4日

 珍しくマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)が木曜日にサーキット・ウォークをしていた。ザントフォールト、ロサイルと、今年初めてF1が開催されたサーキットでは、サーキット・ウォークをしていたが、いずれも昼間だった。しかし、今回のF1第21戦サウジアラビアGPでは木曜日の夜10時すぎに歩き始めた。サウジアラビアGPは夜8時にスタートが切られるナイトレース。昼間よりも照明に照らされるなかで、コースの確認をしたかったのだと考えられる。

レッドブル・ホンダ密着
木曜日の夜10時すぎにサーキット・ウォークを行ったフェルスタッペン


 この木曜日にレッドブル・ホンダが確認したかったことが、もうひとつある。それは、リヤウイングだ。前戦カタールGPではDRSに不具合が出て、予選直前になって、別仕様のリアウイングに交換しなければならなかった。

レッドブル・ホンダ密着
レッドブルRB16Bのリヤウイング


 今回レースの舞台となるジェッダ・ストリート・サーキットは、高速ストリートサーキットのため、ミディアム・ローダウンフォースのリヤウイングが必要となる。それはカタールGPでDRSに不具合を起こしたスペックだった。木曜日にフェルスタッペンのマシンだけでなく、セルジオ・ペレスのマシンにも同じスペックのリヤウイングが装着され、DRSを何度もチェックしていた。

レッドブル・ホンダ密着
サウジアラビアGPに持ち込まれたミディアム・ローダウンフォース仕様のリヤウイング

レッドブル・ホンダ密着
ペレス車に取り付けられたリヤウイングのDRSをメカニックが何度も確認していた


 フリー走行1回目、首脳陣たちが見守るなか、フェルスタッペンがコースイン。心配されたトラブルが再発していないことを確認すると、その後はピットインとピットアウトを繰り返しながら、徐々にセットアップを煮詰めていった。

レッドブル・ホンダ密着
フェルスタッペンがコースイン

レッドブル・ホンダ密着
2021年F1第21戦サウジアラビアGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)

レッドブル・ホンダ密着
徐々にセットアップを煮詰めていくフェルスタッペン


 その様子を見守る山本雅史マネージングディレクター。フリー走行1回目を終えると、いつもはすぐにガレージ裏に消えるフェルスタッペンだが、この日はレースエンジニアのジャンピエロ・ランビアーゼとだけでなく、首脳陣たちも混じってかなりの間、立ち話をしていた。

レッドブル・ホンダ密着
作業を見守るホンダF1の山本雅史マネージングディレクター

レッドブル・ホンダ密着
2021年F1第21戦サウジアラビアGP ホンダF1 山本雅史マネージングディレクター

レッドブル・ホンダ密着
マルコや担当エンジニアのランビアーゼと話すフェルスタッペン

レッドブル・ホンダ密着
左からヘルムート・マルコ、マックス・フェルスタッペン、クリスチャン・ホーナー代表

レッドブル・ホンダ密着
エンジニアやホーナー代表と話し込むフェルスタッペン

レッドブル・ホンダ密着
FP1終了後、フェルスタッペンはチームの首脳陣らと長めの話し合いを行っていた


 セッション後には、ホスピタリティハウスの前でクリスチャン・ホーナー代表とヘルムート・マルコ(モータースポーツアドバイザー)が話し合いを始めた。


 フリー走行2回目では、「予選シミュレーション時のタイヤの熱入れがうまくいかず」4番手に終わったフェルスタッペン。ペレスも「アタック時に渋滞にハマってしまい」9番手に終わったが、この日のレッドブル・ホンダにとっては、使用したかったリヤウイングに問題が起きなかったことが何よりも大きな収穫だったといえる。

レッドブル・ホンダ密着
セッション後にはホスピタリティハウスの前でマルコとホーナー代表が話し合う姿も



(Masahiro Owari)




レース

11/18(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/19(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/20(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン454
2位シャルル・ルクレール308
3位セルジオ・ペレス305
4位ジョージ・ラッセル275
5位カルロス・サインツ246
6位ルイス・ハミルトン240
7位ランド・ノリス122
8位エステバン・オコン92
9位フェルナンド・アロンソ81
10位バルテリ・ボッタス49

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング759
2位スクーデリア・フェラーリ554
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム515
4位BWTアルピーヌF1チーム173
5位マクラーレンF1チーム159
6位アルファロメオF1チーム・オーレン55
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム55
8位ハースF1チーム37
9位スクーデリア・アルファタウリ35
10位ウイリアムズ・レーシング8

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    第19戦アメリカGP&第20戦メキシコGP 合併号