F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

リヤウイングの振動に悩むレッドブルF1、サウジアラビアGPに向けて問題解決を目指す

2021年11月26日

 レッドブル・レーシングのクリスチャン・ホーナー代表は、ここ数戦、悩まされているリヤウイングの問題を、次戦F1サウジアラビアGPまでには解決できると考えている。


 DRS(ドラッグ・リダクション・システム/メインプレーンとフラップの隙間を広げて空気抵抗を削減するシステム)使用時、レッドブルRB16Bのリヤウイング上部フラップが振動する現象が何度か見られている。アメリカGP、ブラジルGP、カタールGPで問題が起き、その都度レッドブルは問題解消に取り組んでいるが、カタールでは結局、予選からは、よりダウンフォースが高い仕様のウイングに交換した。交換後のウイングには問題は見られなかった。


 ホーナーは、カタールにおいては、チームが追求していたセットアップの方向性に合っていたため、ウイング変更が大きなマイナスになることはなかったと述べている。


「あっちのウイング(ハイダウンフォース仕様)の方を望んでいた。目指すセットアップの方向性がそうだったからだ」とホーナー。


 しかし残りのサウジアラビアとアブダビでは低・中ダウンフォースレベルのウイングを使用する可能性が高く、チームにとって問題を解決することが重要となる。


「他のウイングがジェッダかアブダビで必要となるなら、DRSメカニズムの問題を修正することが必要になる」とホーナーは認めた。

2021年F1第20戦カタールGP土曜 マックス・フェルスタッペン車(レッドブル・ホンダ)のリヤウイングの修正を行うメカニックたち
2021年F1第20戦カタールGP土曜 マックス・フェルスタッペン車(レッドブル・ホンダ)のリヤウイングの修正を行うメカニックたち

 レッドブルのリヤウイングの問題は、DRSを制御するアクチュエーターが、フラップにかかる大きな力に抵抗するなかで、ある段階で対処しきれなくなって起きているものとみられている。


 DRSアクチュエーターはホモロゲーションパーツであり、現段階でデザイン変更を行うことができない。


 しかしホーナーは、次戦サウジアラビアGPに間に合うように問題を解決すると述べている。


「信頼性の面から考えて、アクチュエーターの問題を解決するのは比較的困難ではないはずだ。私はそう考えている」
「長年使い続けてきたものであり、新しいテクノロジーというわけではないのだ」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

12/10(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
12/11(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
12/12(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン395.5
2位ルイス・ハミルトン387.5
3位バルテリ・ボッタス226
4位セルジオ・ペレス190
5位カルロス・サインツJr.164.5
6位ランド・ノリス160
7位シャルル・ルクレール159
8位ダニエル・リカルド115
9位ピエール・ガスリー110
10位フェルナンド・アロンソ81

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム613.5
2位レッドブル・レーシング・ホンダ585.5
3位スクーデリア・フェラーリ・ミッション・ウィノウ323.5
4位マクラーレンF1チーム275
5位アルピーヌF1チーム155
6位スクーデリア・アルファタウリ・ホンダ142
7位アストンマーティン・コグニザント・フォーミュラワン・チーム77
8位ウイリアムズ・レーシング23
9位アルファロメオ・レーシング・オーレン13
10位ウラルカリ・ハースF1チーム0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第13戦オランダGP 9/5
第14戦イタリアGP 9/12
第15戦ロシアGP 9/26
第16戦トルコGP 10/10
第17戦アメリカGP 10/24
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年総集編