F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

「トップから後れをとっている」フェラーリF1、選手権でマクラーレンを逆転もメキシコGPでは苦戦

2021年11月10日

 フェラーリのチーム代表を務めるマッティア・ビノットは、2021年F1第17戦メキシコGPでフェラーリは素晴らしい結果を達成したと述べているが、チームの相対的なパフォーマンスはわずかに期待外れなものだったと認めた。


 シャルル・ルクレールとカルロス・サインツは、日曜日のレースを5位と6位で終え、これにより18ポイントという素晴らしい結果を生み出した。マクラーレンの獲得ポイントが1ポイントだったこともあり、コンストラクターズ選手権ではフェラーリが3位に浮上し、マクラーレンを13.5ポイント上回った。


 マラネロからクルーをモニターしていたビノットは、「これまでのレースを見れば、我々にはトップチームにかなり近いペースがあったと思う」と語った。


「そして今日しばらくの間は、ペース(の差)はなんとか0.9秒というところだった。トップのマシンとの相対的なギャップの面で、我々は少し後れを取っていると思う」


「正直なところ、パワーユニットの力が弱まることが分かっているメキシコに行くことを望んでいた。なぜなら、パワーの影響が少ないサーキットであることから、全体的にいいパフォーマンスが発揮される。だがそうはならなかった。予選でのパフォーマンスに少々苦戦し、トップのマシンに比べて(レースでも)苦戦した」

カルロス・サインツJr.(フェラーリ)
2021年F1第18戦メキシコGP カルロス・サインツJr.(フェラーリ)


 代表的な例では、ルクレールとサインツの両名が交互にアルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーを捕らえようとしていた。その甲斐もむなしく、ガスリーの4位の座はフェラーリのふたりには手が届かないままだった。


「ガスリーが我々の前にいたという事実は、もうひとつの証拠だと思う。つまり彼はとてもよくやった。ガスリーとアルファタウリは見事だった」


「しかし今日我々はアルファタウリより上位で、トップに近い順位でフィニッシュすることもできたはずだと考えているし、少なくともそう望んでいた」


 ガスリーに追いつくために、ドライバーの間でポジションを入れ替えるというのがフェラーリの戦略だったが、緊張感も生み出したようだ。ルクレールがチームメイトにポジションを譲ることにしたタイミングが一見すると遅いように見られたことが、そのことを反映している。


 ルクレールは後に、緊張時の対応策は事前に話し合われていたと主張して故意に動きを遅らせたことを否定しており、ビノットはそのことを認めた。

シャルル・ルクレール(フェラーリ)
2021年F1第18戦メキシコGP シャルル・ルクレール(フェラーリ)


「今朝の定例戦略会議の間に話し合ったシナリオだ」


「我々はレース中のある段階で(順位の入れ替えを行うことを)分かっていた。ふたりがそれぞれ異なる戦略を採っていた。ひとりは早くにピットストップをし、もうひとりはコース上で長めにステイアウトする。長く走るドライバーはレース終盤までにタイヤの点で不利になる。そしてこれが前のドライバーを捕らえるチャンスになるかもしれなかった。この場合はガスリーだ」


「しかしそれは理論上の話だ。そうすることでふたりのドライバーのうちひとりにアドバンテージを与えることになるだろうと話をした」


「だからガスリーに追いつく意図をもってピットストップを行った。そして追いつけなければポジションの入れ替えを行うつもりで、実際にそうした。素晴らしいチームスピリットだったと思う」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

11/18(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/19(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/20(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン454
2位シャルル・ルクレール308
3位セルジオ・ペレス305
4位ジョージ・ラッセル275
5位カルロス・サインツ246
6位ルイス・ハミルトン240
7位ランド・ノリス122
8位エステバン・オコン92
9位フェルナンド・アロンソ81
10位バルテリ・ボッタス49

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング759
2位スクーデリア・フェラーリ554
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム515
4位BWTアルピーヌF1チーム173
5位マクラーレンF1チーム159
6位アルファロメオF1チーム・オーレン55
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム55
8位ハースF1チーム37
9位スクーデリア・アルファタウリ35
10位ウイリアムズ・レーシング8

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    第19戦アメリカGP&第20戦メキシコGP 合併号