F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ホンダ、2022年以降のレッドブル・グループとの協力関係を合意。PUに関する知的財産権使用を許諾

2021年10月7日

 10月7日、本田技研工業はオンラインで『Hondaモータースポーツ活動についての説明会』と題した記者会見を開催し、2022年以降レッドブル・グループとモータースポーツのさらなる発展を目指し、モータースポーツ領域を中心とした新たな協力関係について合意したと発表した。


 2021年、レッドブルF1、アルファタウリF1とともにF1世界選手権に挑んできたホンダ。しかし今季限りでホンダとしてのF1活動は終わりを迎えることになり、その後の将来のホンダのモータースポーツ活動については、モータースポーツファンのみならず大いに注目を集めていた。


 7日、ホンダがオンラインで開催した記者会見には、本田技研工業の渡辺康治ブランドコミュニケーション本部長、長井昌也モータースポーツ部長が出席し、今後の活動について語った。このなかで渡辺ブランドコミュニケーション本部長は、「2020年に発表したとおり、ホンダは2021年シーズンをもってF1へのパワーユニットサプライヤーとしての参戦を終了し、F1で培った技術と人材を将来のカーボンニュートラル実現に向けた取り組みにリソースの再配分を行います」と語った。


 しかし「レースはホンダのDNAであることは変わらず、勝ちにこだわっていきます。またモータースポーツの魅力を発信し、モータースポーツを盛り上げていくことも我々の使命だと思っています」として、その取り組みの一環としてレッドブル・グループと新たな協力関係について合意したと明らかにした。


 具体的には、ホンダのF1パワーユニットに関する知的財産権の使用をレッドブル・パワートレインズに許諾。またホンダによるレッドブル・パワートレインズへの2022年シーズンにおけるパワーユニットの組立支援や、サーキットおよび日本におけるレース運営サポートの実施を行う。さらに現在、ホンダのイギリスにおけるF1参戦活動の拠点であるホンダ・レーシング・ディベロップメントUK従業員のなかで希望者にはレッドブル・パワートレインズへの転籍を行い、レッドブル、アルファタウリの2チームをサポートしていくとしている。


 また、現在ホンダの二輪レース活動を運営している株式会社ホンダ・レーシング(HRC)に、これまでHRD(本田技術研究所)Sakuraを拠点としていた四輪レース活動機能を追加。二輪・四輪の分野でそれぞれが持っている技術・ノウハウの相互連携と運営の効率化を図り、レッドブル・グループへのF1参戦活動に関する支援は、新生HRCが行っていくとしている。


 ホンダはまた、日本におけるモータースポーツのプレゼンス向上に向けて重要となる日本人ドライバーの育成への取り組みも行い、ホンダ・フォーミュラ・ドリーム・プロジェクト(HFDP)とレッドブル・ジュニアチームを連携させ、角田裕毅に続く日本人の若手ドライバーを共同で育成していく。


 なお、2022年以降の2チームのパワーユニット名については、『ホンダ』の名がつくわけではなく、今後レッドブルが名称を定めるとしている。ただしテクニカルパートナーとして、車両にホンダのロゴが何かしらの形でつくのではないかと渡辺ブランドコミュニケーション本部長は語った。


 また今回の合意に対し、レッドブル・レーシング・ホンダ代表のクリスチャン・ホーナーは「レッドブルとホンダの現在の協力関係はとても素晴らしい成果を生んでおり、内容は変わるが、ホンダとの関係が継続できることを嬉しく思う」とコメントした。


「レッドブル・パワートレインズのチャレンジに対して2022年にホンダが行ってくれるサポートは、レッドブルが車体とPUの両方を手掛けるコンストラクターになっていく上で心強い存在だ。また、ドライバー育成をはじめとするさまざまなモータースポーツ活動などにおいてホンダとの協力が継続していくということも楽しみにしている」

レッドブル・ホンダのスタッフウェア
レッドブル・ホンダのスタッフウェア



(Ryuji Hirano / autosport web)




レース

11/19(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/20(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/21(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※カタールGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン351.5
2位ルイス・ハミルトン343.5
3位バルテリ・ボッタス203
4位セルジオ・ペレス190
5位ランド・ノリス153
6位シャルル・ルクレール152
7位カルロス・サインツJr.145.5
8位ダニエル・リカルド105
9位ピエール・ガスリー92
10位フェルナンド・アロンソ77

チームランキング

※カタールGP終了時点
1位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム546.5
2位レッドブル・レーシング・ホンダ541.5
3位スクーデリア・フェラーリ・ミッション・ウィノウ297.5
4位マクラーレンF1チーム258
5位アルピーヌF1チーム137
6位スクーデリア・アルファタウリ・ホンダ112
7位アストンマーティン・コグニザント・フォーミュラワン・チーム77
8位ウイリアムズ・レーシング23
9位アルファロメオ・レーシング・オーレン11
10位ウラルカリ・ハースF1チーム0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第13戦オランダGP 9/5
第14戦イタリアGP 9/12
第15戦ロシアGP 9/26
第16戦トルコGP 10/10
第17戦アメリカGP 10/24
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年F1第18戦 メキシコGP号