F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

アルボン、ウイリアムズF1加入を後押ししたラッセルに“ビール何杯かの借り”「僕らの移籍を一緒に祝いたい」

2021年9月21日

 アレクサンダー・アルボンは、親友のジョージ・ラッセルに“ビール何杯かの”借りがあると語っている。ラッセルは2022年にアルボンを起用するよう、ウイリアムズに強く促したのだという。


 アルボンは1年のブランクを経て、2022年シーズンにウイリアムズからF1に復帰する。アルボンの名は、メルセデスに移籍するラッセルの後任候補リストのトップにあった。


 ふたりはともにカート時代からの友人であり、2018年のFIA-F2選手権に参戦し、2019年にF1に昇格した。したがってメルセデスのドライバーとなるラッセルは、ウイリアムズ上層部にアルボンを強く推薦することを躊躇しなかった。アルボンは旧友のラッセルが“あまりにも協力的”だったと認めている。


「もちろんジョージは僕の親友だ」とアルボンは語った。


「(彼は)あまりにも協力的だったと言えるかもしれない。取締会の人たちが、『ジョージの意見を取り入れることはできない。なぜなら彼は君に対して非常に協力的だからね』と言ったのを覚えているよ。そのことはとても面白かったね」


「僕は彼にビール何杯かの借りがあると言った。できればディナーの機会を持って、僕たちの移籍を一緒に祝えるといいな」

ウイリアムズF1との2022年契約を済ませ、ヨースト・カピート代表と握手を交わすアレクサンダー・アルボン
ウイリアムズF1との2022年契約を済ませ、ヨースト・カピート代表と握手を交わすアレクサンダー・アルボン


 ラッセルは、来シーズンはメルセデスというより恵まれた場所へ移ることになるが、ウイリアムズでの彼のシートは適切な人物が埋めることになると確信している。


「アレックスがF1に復帰できてすごくうれしいよ。彼はグリッドでのチャンスにふさわしいと心から信じている」とラッセルは述べた。


「彼は最高のドライバーのひとりだと本当に思う。レッドブルではとても厳しい時間を過ごしたとしてもね。ウイリアムズは彼が前進し成長するためのぴったりの場所だよ」


「僕はそこでこの3年間を過ごした。チームがどのような感じか、ヨースト(・カピート)がどのように運営しているか分かっている。そしてもちろん僕はアレックスのこともとてもよく知っている。だから彼らが成功できる組み合わせになると確信している」

アレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)、ジョージ・ラッセル、ニコラス・ラティフィ(ともにウイリアムズ)
2021年F1第12戦ベルギーGP アレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)、ジョージ・ラッセル、ニコラス・ラティフィ(ともにウイリアムズ)



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

12/10(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
12/11(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
12/12(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン395.5
2位ルイス・ハミルトン387.5
3位バルテリ・ボッタス226
4位セルジオ・ペレス190
5位カルロス・サインツJr.164.5
6位ランド・ノリス160
7位シャルル・ルクレール159
8位ダニエル・リカルド115
9位ピエール・ガスリー110
10位フェルナンド・アロンソ81

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム613.5
2位レッドブル・レーシング・ホンダ585.5
3位スクーデリア・フェラーリ・ミッション・ウィノウ323.5
4位マクラーレンF1チーム275
5位アルピーヌF1チーム155
6位スクーデリア・アルファタウリ・ホンダ142
7位アストンマーティン・コグニザント・フォーミュラワン・チーム77
8位ウイリアムズ・レーシング23
9位アルファロメオ・レーシング・オーレン13
10位ウラルカリ・ハースF1チーム0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第13戦オランダGP 9/5
第14戦イタリアGP 9/12
第15戦ロシアGP 9/26
第16戦トルコGP 10/10
第17戦アメリカGP 10/24
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年総集編