F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

F1技術解説:ニューウェイのこだわり。レッドブルだけが採用する、ユニークなドリンクシステム

2021年9月21日

 2021年F1第12戦ベルギーGP、第13戦オランダGP、第14戦イタリアGPの3連戦で各チームが走らせたマシンを、F1i.comの技術分野を担当するニコラス・カルペンティエルが観察、印象に残った点について解説する。今回は、レッドブル・レーシングが使用する独特なドリンクシステムを取り上げる。


────────────────────────────


 レッドブルのチーフテクニカルオフィサー、エイドリアン・ニューウェイがマシンパッケージにいっさいの妥協をしないことは、あまりにも有名だ。彼が理想と考える空力効率の邪魔になるものは、かなり肩身の狭い扱いを受けることになる。ドライバーにとって酷暑のレースではなくてはならないドリンクシステムにしても、ニューウェイにとっては余計なデバイスに違いない。


 その理由からだろう、レッドブルのマシンだけが全10チーム中唯一、ドリンクのタンクをフロントノーズに置いている。通常ならコクピット周り、あるいはシートの背後に置くものだ。


 ところがレッドブルの場合、ドリンクタンクはノーズ内に収納され、そこからコクピットに座るドライバーのヘルメットまで、延々とチューブを伸ばしているのだ(白矢印参照)。マックス・フェルスタッペンやセルジオ・ペレスがストレート走行中にステアリング上の黄色いボタン(赤矢印参照)を押すと、車体の油圧システムが作動してドリンクを送り込むようになっている。

レッドブルRB16Bのドリンクシステム
レッドブルRB16Bのドリンクシステム

 タンク自体はそれほどかさばるものでもないので、マクラーレンのようにシート背後に置いてもそれほど邪魔にはならないと思うのだが、ニューウェイには我慢ならないのだろう。

2021年F1第13戦オランダGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
2021年F1第13戦オランダGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(翻訳・まとめ 柴田久仁夫)




レース

6/18(土) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
6/19(日) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
6/20(月) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※カナダGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン175
2位セルジオ・ペレス129
3位シャルル・ルクレール126
4位ジョージ・ラッセル111
5位カルロス・サインツ102
6位ルイス・ハミルトン77
7位ランド・ノリス50
8位バルテリ・ボッタス46
9位エステバン・オコン39
10位フェルナンド・アロンソ18

チームランキング

※カナダGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング304
2位スクーデリア・フェラーリ228
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム188
4位マクラーレンF1チーム65
5位BWTアルピーヌF1チーム57
6位アルファロメオF1チーム・オーレン51
7位スクーデリア・アルファタウリ27
8位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム16
9位ハースF1チーム15
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第9戦カナダGP 6/19
第10戦イギリスGP 7/3
第11戦オーストリアGP 7/10
第12戦フランスGP 7/24
第13戦ハンガリーGP 7/31
  • 最新刊
  • F1速報

    第7戦モナコGP号