F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

レッドブルF1&アルファタウリの2022年ドライバーを同時に発表予定と首脳が明かす「いくつかの選択肢を検討中」

2021年8月21日

 レッドブルのモータースポーツコンサルタント、ヘルムート・マルコが、レッドブルの2022年ドライバーラインアップはあと数週間のうちに発表する予定であると明かした。


 レッドブル・レーシングは現在マックス・フェルスタッペンとセルジオ・ペレス、姉妹チームのアルファタウリはピエール・ガスリーと角田裕毅をそれぞれ走らせている。ドイツやオーストリアのメディアと近い関係にあり、頻繁に取材に応じているマルコは、そのなかで、2チームのドライバーを同時に発表する予定であると、最近コメントした。


「私に今言えるのは、いくつか選択肢があり、それについて検討しているということだ。具体的な名前を出すつもりはないがね」とマルコは言う。


「最優先したいのは、4人のドライバーを維持することだ。発表は(第12戦ベルギーGPの)スパか、それに間に合わなければ(第13戦オランダGPの)ザントフォールトで行うことになるだろう。すでに決まっているのは、レッドブルとアルファタウリのドライバー4人を同時に発表するということだ」


 レッドブルに関しては、フェルスタッペンとはすでに来年の契約を結んでいるため、2022年のチームメイトが誰になるのかに注目が集まる。ペレスは、アゼルバイジャンではメルセデスのルイス・ハミルトンのミスを誘い、自身が優勝することでチームに大きく貢献した。また、イギリスGPでは自らの順位を犠牲にして、ハミルトンがファステストラップを獲得するのを阻止した。しかしそれ以外、ハミルトンから大きくポイントを奪うことはできていない。

2021年F1第6戦アゼルバイジャンGP セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)が優勝
2021年F1第6戦アゼルバイジャンGP セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)が優勝

 マルコは、現時点でペレスのパフォーマンスに満足していないと述べた。


「マックスとの間にはギャップがある。チェコはもちろんそれでいいとは思っていない」


「(移籍してから)すでに多くのレースを終えている。我々としても、彼はもっと(マックスに)近づき、もっと安定して上位の成績を挙げられるものと期待していた。しかしそうはならなかった」


「チェコはマックスのセットアップを使うのではなく、自分のセットアップを見つけようとしている。もちろんどのドライバーにとっても、可能であればそれが一番いい。だが、彼はギャップを縮められずにいる」


「今のところ、他のドライバーたちは誰もマックスのセットアップを使えずにいる。リヤが不安定なことをマックスは気にしない。だが、他のドライバーは、特に高速コーナーではそれに苦労するのだ。ガスリーや(アレクサンダー・)アルボンと同じ問題に直面した後、チェコは自分のやり方でセットアップを決めることにした。だが、それでもうまくいっていない」

2021年F1第2戦エミリア・ロマーニャGP セルジオ・ペレスとヘルムート・マルコ(レッドブル)
2021年F1第2戦エミリア・ロマーニャGP セルジオ・ペレスとヘルムート・マルコ(レッドブル)

 それでもペレスが残留する可能性が高いと思われるが、そうでない場合の候補としてまず思い浮かぶのは、現在非常に好調なガスリーだ。だが、2019年初めにレッドブルに昇格し、シーズン半ばでトロロッソ(現アルファタウリ)に戻されたガスリーは、レッドブルの代表クリスチャン・ホーナーや上級職に就く一部メンバーとの関係が良好ではない。

2021年F1第6戦アゼルバイジャンGP セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)が優勝、ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)が3位を獲得



(Grandprix.com)




レース

11/18(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/19(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/20(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン454
2位シャルル・ルクレール308
3位セルジオ・ペレス305
4位ジョージ・ラッセル275
5位カルロス・サインツ246
6位ルイス・ハミルトン240
7位ランド・ノリス122
8位エステバン・オコン92
9位フェルナンド・アロンソ81
10位バルテリ・ボッタス49

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング759
2位スクーデリア・フェラーリ554
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム515
4位BWTアルピーヌF1チーム173
5位マクラーレンF1チーム159
6位アルファロメオF1チーム・オーレン55
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム55
8位ハースF1チーム37
9位スクーデリア・アルファタウリ35
10位ウイリアムズ・レーシング8

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    第19戦アメリカGP&第20戦メキシコGP 合併号