F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

リカルド、レッドブルF1離脱を振り返る「チームの“カルチャー”の中で不満を感じるようになると思った」

2021年8月17日

 マクラーレンのダニエル・リカルドは、レッドブルのカルチャーとそこでの自身の立場を鑑みて、2018年にチームを離れる決断をすることになったと述べている。


 リカルドはトロロッソとレッドブルで7シーズンを過ごした。7年のうち5年間はレッドブルに所属し、2014年から2018年の間に7度のグランプリ優勝を果たした。その後リカルドはルノーで2年間を過ごし、今シーズンよりマクラーレンに移籍した。


 レッドブル離脱を振り返ったリカルドは、当時チームに浸透していた全体的なカルチャーは、モータースポーツの最高峰における彼のキャリアについての考えと、もはや合っていないと感じたという。


 リカルドはYouTubeチャンネル『Optus』のインタビューで、ドライバーがチーム選択を決定する際に重要となるかもしれない基準について尋ねられた際、次のように答えた。


「カルチャーが一番大きなことだね。なぜならカルチャーが幸せ、気持ち、喜び、帰属意識を決定することになるからだ」


「レッドブルを離れようとか、移籍しようとか考えるようになったのは多くの小さな理由によるものだったけれど、それは当時正当な理由だったと思う」


「僕はカルチャーについて少し考えるところがあった。また、そのカルチャーのなかでの自分の場所がどのように前進していくのかということも考えた」


「わずかだが不満を感じるようになるだろうと思った。いろいろなことが手軽すぎる場所で、おそらくもっと自己満足に陥るようになると思った。そのことが大きな理由だったのは間違いない」

ダニエル・リカルド(レッドブル)
2018年F1第3戦中国GP ダニエル・リカルド(レッドブル)


 リカルドは、レッドブルのカルチャーに批判的ではないと明言したが、チームでの生活は、自身がドライバーおよび個人としていかに成長していくかという段階とは違うところにあったと主張した。


「何が自分にとってうまくいくか、ということはとても重要だ。一般的に、自分のことを第一に考えることを恐れる必要はないと思う」


「利己的になってもいいんだ。特にそれが自分のキャリアのことであり、最終的に人生の大きな部分を占めることならね。自分にとって正しいと感じることをやらなければならない。そしてそれは隣の人と同じことだとは限らないかもしれない」

ダニエル・リカルド(レッドブル)
2018年F1第6戦モナコGP ダニエル・リカルド(レッドブル)



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

9/30(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/1(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
10/2(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※シンガポールGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン341
2位シャルル・ルクレール237
3位セルジオ・ペレス235
4位ジョージ・ラッセル203
5位カルロス・サインツ202
6位ルイス・ハミルトン170
7位ランド・ノリス100
8位エステバン・オコン66
9位フェルナンド・アロンソ59
10位バルテリ・ボッタス46

チームランキング

※シンガポールGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング576
2位スクーデリア・フェラーリ439
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム373
4位マクラーレンF1チーム129
5位BWTアルピーヌF1チーム125
6位アルファロメオF1チーム・オーレン52
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム37
8位ハースF1チーム34
9位スクーデリア・アルファタウリ34
10位ウイリアムズ・レーシング6

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第17戦シンガポールGP 10/2
第18戦日本GP 10/9
第19戦アメリカGP 10/23
第20戦メキシコGP 10/30
第21戦ブラジルGP 11/13
  • 最新刊
  • F1速報

    第16戦 イタリアGP号