F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

クラッシュしたフェルスタッペンのPUは使用可能か。レッドブル・ホンダF1、最終判断のためフリー走行でテストへ

2021年7月29日

 レッドブル・ホンダは、マックス・フェルスタッペンがF1第10戦イギリスGPでクラッシュした際に使用していたパワーユニット(PU/エンジン)は今後のレースで使用可能かどうかのテストを、今週末のハンガリーGP金曜プラクティスで行う予定だ。


 イギリスGP決勝1周目、フェルスタッペンとルイス・ハミルトン(メルセデス)は首位を争うなかで接触、フェルスタッペンはコースオフし、バリアに激しく衝突した。幸いフェルスタッペンにけがはなかったものの、マシンは大破した。レッドブルのチーム代表クリスチャン・ホーナーは、マシンダメージによる損害は約180万ドル(約2億円)に上ると試算、バジェットキャップ規則の関係で、今後の開発等に大きな影響が出ると述べている。


 一方、搭載していたパワーユニットの状態も懸念されていた。2021年のF1レギュレーションでは、1台のマシンが1シーズンに使用できるパワーユニットのエレメントの基数は、エンジン(ICE)、MGU-H、MGU-K、ターボチャージャーは3基、エナジーストア、コントロール・エレクトロニクスは2基、エンジン・エキゾーストシステムは8基に制限されており、これを超えるとグリッド降格ペナルティを受ける。


 そのため、フェルスタッペンがイギリスで使用していたパワーユニットが再利用可能かどうかは、今季タイトル獲得を狙うレッドブル・ホンダとフェルスタッペンにとって重大な問題だ。

2021年F1第10戦イギリスGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)とヘルムート・マルコ(モータースポーツコンサルタント)
2021年F1第10戦イギリスGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)とヘルムート・マルコ(モータースポーツコンサルタント)

 レース後、ホンダは日本でパワーユニットを調べた後、ハンガリーのプラクティスにおいてコース上でさらに詳細なチェックを行うことを決めたと、formula1.comが伝えている。


「徹底的にチェックするため、PUをさくら(の研究所)に送り返しました」とホンダがコメントしたとformula1.comが報じた。


「レギュレーションに認められているとおり、FIAのシールを破ることなく、一部のパーツを交換しました」


「このエンジンを今回の金曜日に使用して、コース上で適切なテストを行います。その後、レースエンジンとして今後も使用可能かどうかについて、より明確に把握できるはずです」



(autosport web)




レース

9/24(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
9/25(土) フリー走行3回目 18:00〜19:00
予選 21:00〜22:00
9/26(日) 決勝 22:00〜


ドライバーズランキング

※イタリアGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン226.5
2位ルイス・ハミルトン221.5
3位バルテリ・ボッタス141
4位ランド・ノリス132
5位セルジオ・ペレス118
6位シャルル・ルクレール104
7位カルロス・サインツJr.97.5
8位ダニエル・リカルド83
9位ピエール・ガスリー66
10位フェルナンド・アロンソ50

チームランキング

※イタリアGP終了時点
1位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム362.5
2位レッドブル・レーシング・ホンダ344.5
3位マクラーレンF1チーム215
4位スクーデリア・フェラーリ・ミッション・ウィノウ201.5
5位アルピーヌF1チーム95
6位スクーデリア・アルファタウリ・ホンダ84
7位アストンマーティン・コグニザント・フォーミュラワン・チーム59
8位ウイリアムズ・レーシング22
9位アルファロメオ・レーシング・オーレン3
10位ウラルカリ・ハースF1チーム0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第15戦ロシアGP 9/26
第16戦シンガポールGP 10/3
第17戦日本GP 10/10
第18戦アメリカGP 10/24
第19戦メキシコGP 10/31
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年F1第11戦ハンガリーGP号