F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ルクレール「最後の最後に勝利を失った。悔しいがペースが良かったことはポジティブ」フェラーリ/F1第10戦

2021年7月19日

 2021年F1イギリスGP決勝で、フェラーリのシャルル・ルクレールは2位、カルロス・サインツは6位だった。


■スクーデリア・フェラーリ
シャルル・ルクレール 決勝=2位
 あと数周というところで勝利を失ってがっかりしている。でもこの状況からポジティブな点を見つけ出そう。


 チャレンジングなレースだった。ファーストスティントでは、エンジンカットに悩まされ、それに対処するためにステアリングホイールの設定を変更する必要があった。その後は、問題をコントロールできたと思う。


 後方を引き離していくことができ、レースのほとんどの周回をリードした。でも、ハードタイヤではルイス(・ハミルトン)の方が強かった。どんどん近づいてきて、彼の速さを感じた。僕にやれることはあまりなかった。


 いい点に目を向けると、僕たちはミディアムタイヤでは他の誰よりも速かった。予想外のことでうれしいね。ハードタイヤではアドバンテージは少し減ったが、それでもなかなかいいペースだったと思う。


 自分たちが頑張ってきたことを誇りに思う。チームの素晴らしい仕事ぶりは、この表彰台にふさわしいものだ。優勝にもふさわしいと思うし、チャンスが訪れたら実現できるように、これからも努力し続けよう。

2021年F1第10戦イギリスGP 2位シャルル・ルクレール(フェラーリ)と優勝したルイス・ハミルトン(メルセデス)
2021年F1第10戦イギリスGP 2位シャルル・ルクレール(フェラーリ)と優勝したルイス・ハミルトン(メルセデス)


■スクーデリア・フェラーリ
カルロス・サインツ 決勝=6位
 僕にとっては最高とはいえないレースだったけれど、チームにとってはとてもいい結果だね。ポジティブなことがたくさんあった。


 今日のマシンは強力で、バランスも良かった。セットアップの作業が効果を発揮したのだと思う。


 スタートを2回ともうまく決めて、(ダニエル・)リカルドと戦える位置に来た。でも、コース上でマクラーレンを抜くのはとても難しいと分かった。コーナー中にダーティエアの影響を受けると、十分に近づくことができなかったし、ストレートでは僕たちが劣っていた。


 彼がピットに入ってしまって、前に誰もいなくなると、ペースがものすごくよくなって、本当ならオーバーカットできたはずだった。でもピットストップで時間がかかってしまったんだ。今シーズンずっとピットストップはうまくいっていたのだし、時にはこういうこともある。


 セカンドスティントでマクラーレンを追い抜こうと力を尽くしたけれど、同じ状況に陥り、6位という結果になった。


 シャルルにはおめでとうと言いたい。あと少しでチームのために優勝することができたのにね! 今回のレースで、次のハンガリーや、それ以降に向けていい感触を持つことができる。これからもプッシュし続けるよ。

2021年F1第10戦イギリスGP カルロス・サインツJr.(フェラーリ)
2021年F1第10戦イギリスGP カルロス・サインツJr.(フェラーリ)



(autosport web)




レース

7/30(金) フリー走行1回目 18:30〜19:30
フリー走行2回目 22:00〜23:00
7/31(土) フリー走行3回目 19:00〜20:00
予選 22:00〜23:00
8/1(日) 決勝 22:00〜


ドライバーズランキング

※イギリスGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン185
2位ルイス・ハミルトン177
3位ランド・ノリス113
4位バルテリ・ボッタス108
5位セルジオ・ペレス104
6位シャルル・ルクレール80
7位カルロス・サインツJr.68
8位ダニエル・リカルド50
9位ピエール・ガスリー39
10位セバスチャン・ベッテル30

チームランキング

※イギリスGP終了時点
1位レッドブル・ホンダ289
2位メルセデス285
3位マクラーレン163
4位フェラーリ148
5位アルファタウリ・ホンダ49
6位アストンマーティン48
7位アルピーヌ40
8位アルファロメオ2
9位ウイリアムズ0
10位ハース0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第11戦ハンガリーGP 8/1
第12戦ベルギーGP 8/29
第13戦オランダGP 9/5
第14戦イタリアGP 9/12
第15戦ロシアGP 9/26
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年F1第10戦イギリスGP号