F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【F1第10戦無線レビュー:スプリント予選】好スタートのアロンソが7番グリッドを獲得「これはQ4と呼べばいいのかな?」

2021年7月18日

 2021年F1第10戦イギリスGPでは、F1史上初となる『スプリント予選』が導入された。2番グリッドのマックス・フェルスタッペンがスタート直後に首位に立つと、そのままフィニッシュ。決勝レースのポールポジションを獲得した。17周で争われたスプリント予選を無線とともに振り返る。


────────────────────


 史上初のスプリント予選。フロントロウに並んだマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)の左フロントブレーキから炎が上がるのが見えた。見事なスタートを決めてルイス・ハミルトン(メルセデス)を抜き去っていったフェルスタッペンだったが、やはりブレーキの状態が気になるようだ。


フェルスタッペン:ブレーキは大丈夫かい?
ジャンピエロ・ランビアーゼ:すべてOKだ


 最後尾スタートだったハースの2台はターン3で接触事故を起こし、ニキータ・マゼピンがスピンを喫する。レース中の事故と認定され両者お咎めなしとなったものの、マゼピンはまだしもミック・シューマッハーのマシンは完全に無傷というわけにはいかなかった。


ドミニク・ヘインズ:タイヤもフロントウイングも、全部大丈夫だ。エンドプレートがちょっとダメージを受けているが、問題ない
マゼピン:わかった


ゲイリー・ギャノン(→シューマッハー):車体右側にちょっとダメージがあって、ダウンフォースが減っている


 それでもシューマッハーはマゼピンを抑え、18位で完走した。

ミック・シューマッハー(ハース)
2021年F1第10戦イギリスGP ミック・シューマッハー(ハース)


 ものすごいロケットスタートを決めたのは、11番グリッドのフェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)だった。蹴り出しもよかったが、そこからの位置取りも絶妙で、一気に5番手まで順位を上げた。しかし背後からランド・ノリス(マクラーレン)の猛追を受け、必死に防戦。何度も走行ラインを変える行為があったようで、ノリスの担当エンジニア、ウィル・ジョゼフがこう伝えた。


ジョゼフ:ランド、(アロンソが)ウィービングしていると、レースディレクターには伝えておいた


 レースディレクターが何らかの決定を下す前に、ノリスは6周目にアロンソを抜いていった。さらに9周目にはダニエル・リカルド(マクラーレン)がターン3から4へと見事なクロスを決めて、アロンソをオーバーテイク。マクラーレンの2台が5、6番手を形成した。


トム・スタラード:グッジョブだ、ダニエル


ダニエル・リカルド(マクラーレン)&フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)
2021年F1第10戦イギリスGP ダニエル・リカルド(マクラーレン)&フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)


 一方、2番手ハミルトンと首位フェルスタッペンの差は、12周目の時点で2秒に広がっていた。


ハミルトン:やれることは全部試しているけど、もうちょっとパワー出ない?
ピーター・ボニントン:わかった。ちょっと見てみる


 とはいえメルセデス側でやれることは限られている。ハミルトンのペースはその後も大きく改善されることはなく、逆にタイヤにブリスターが出始める。それは他のドライバーも同様だった。


バルテリ・ボッタス:右フロントにブリスターが出て、振動がひどい

バルテリ・ボッタス(メルセデス)
2021年F1第10戦イギリスGP バルテリ・ボッタス(メルセデス)


ボノ:フェルスタッペンの右フロントに、ブリスターが出ているぞ
ハミルトン:僕も同じだよ
ボノ:わかった


 一方、ノリスの担当エンジニア、ジョゼフの無線は、ちょっと毛色の違うものだった。


ジョゼフ:ランド、ヒロシが言うには、右フロントタイヤ内側にブリスターが見えるけど、深刻じゃないとのことだ


 今井弘チーフエンジニアの名前が出るのは、確認できるだけでも今季3回目だ。なにかタイヤ関連の問題が起きたとき、ジョゼフは「ヒロシはこう言ってた」とノリスに伝え、安心させている。


 終盤16周目、フェルスタッペンの優位はもはや動かなかった。ランビアーゼから、タイヤをいたわるように指示が出た。


ランビアーゼ:ハミルトンとの差は3秒になった。右側の縁石にはできるだけ乗るな
フェルスタッペン:わかった
ランビアーゼ:コーナー出口の縁石は、左側も乗らないほうがいいな

マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
2021年F1第10戦イギリスGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)


 いっぽう、6周目の超高速チャペルコーナーでスピンして大きく順位を落としていたセルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)はタイヤにダメージを受けていて、まったくペースが上がらなかった。


ヒュー・バード:チェコ、スロットルを戻せ。リタイアしよう


 そして全17周のスプリント予選が終了した。


 9番グリッドスタートだったカルロス・サインツ(フェラーリ)は、ジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)との接触で18番手まで後退。素晴らしい追い上げを見せたが、本人は不満そうだ。


サインツ:ラッセルは僕の前でフィニッシュしたんだよね。僕のレースを台無しにしたのに
リカルド・アダミ:今、審議中だ


 結局ラッセルは、3グリッド降格ペナルティを受けた。しかしサインツにしてみれば、納得しがたいところだろう。さらにスタート自体で出遅れたことにも、サインツは不満を露わにした。


アダミ:P11だ。よく這い上がってきた
サインツ:ありがとう。でもスタートには満足してない。あとで話し合おう


 対象的にアロンソ陣営は、大はしゃぎだった。


カレル・ルース:素晴らしい! P7だ。1周目がとにかく、ものすごかったね。
アロンソ:ショーを存分に堪能してくれたんじゃないかな。戦略も素晴らしかった。ところでこれって、Q4っていえばいいのかな?
ルース:ハハハ。それ、いいかも


 自分たちが戦ったばかりのこのセッションはどう見てもレースなのに、スプリント予選と呼ばれることへの皮肉ということか。いずれにしてもアロンソのベテランの巧さが光ったスプリントレース、いや、スプリント予選だった。



(取材・まとめ 柴田久仁夫)




レース

7/30(金) フリー走行1回目 18:30〜19:30
フリー走行2回目 22:00〜23:00
7/31(土) フリー走行3回目 19:00〜20:00
予選 22:00〜23:00
8/1(日) 決勝 22:00〜


ドライバーズランキング

※イギリスGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン185
2位ルイス・ハミルトン177
3位ランド・ノリス113
4位バルテリ・ボッタス108
5位セルジオ・ペレス104
6位シャルル・ルクレール80
7位カルロス・サインツJr.68
8位ダニエル・リカルド50
9位ピエール・ガスリー39
10位セバスチャン・ベッテル30

チームランキング

※イギリスGP終了時点
1位レッドブル・ホンダ289
2位メルセデス285
3位マクラーレン163
4位フェラーリ148
5位アルファタウリ・ホンダ49
6位アストンマーティン48
7位アルピーヌ40
8位アルファロメオ2
9位ウイリアムズ0
10位ハース0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第11戦ハンガリーGP 8/1
第12戦ベルギーGP 8/29
第13戦オランダGP 9/5
第14戦イタリアGP 9/12
第15戦ロシアGP 9/26
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年F1第10戦イギリスGP号