F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

レッドブル代表「メルセデスのイギリス連続ポールを止めたが、差はわずか」F1第10戦スプリント予選

2021年7月18日

 2021年F1イギリスGPの土曜スプリント予選で、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは1番手、セルジオ・ペレスはリタイア(20番手)だった。


■レッドブル・レーシング
チーム代表クリスチャン・ホーナー
 マックスが初のスプリント予選レースで優勝するという形で、イギリスGPのポールポジションを確保した。素晴らしい結果だ。我々がシルバーストンでポールを獲ったのは、2011年以来のことであり、メルセデスの2013年以来の連続ポールをストップすることに成功した。


 スタートは非常に重要だった。マックスは最高の蹴り出しでうまく決めてくれた。ルイス(・ハミルトン)がセクター1で特に強いことは分かっていたので、メインストレートで前の位置をキープすることはとても大事なことだった。彼はそれをうまくやり遂げて、チェッカーフラッグを受けるまでリードを維持したのだ。


 チェコが上位でフィニッシュできなかったのは残念だ。ダーティエアのなかでリヤを失い、高速スピンを喫してしまった。幸いチェコはウォールに衝突しないで済んだが、振動がひどくなったので、マシンを詳細にチェックし、許可を得たうえで、明日のレースを前に、必要な安全上の検査を行うために、リタイアさせることに決めた。

2021年F1第10戦イギリスGP セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)
2021年F1第10戦イギリスGP セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)

 今日は我々とメルセデスとはほとんど差がなかったと思う。コーナーでは我々の方が速かったが、ストレートでは彼らが非常に強かった。


 明日は気温の面で厳しくなりそうだ。タイヤの摩耗は今日とは違う状態になるだろう。ポールポジションからスタートできるのは素晴らしいことだ。今日はいつもと違うフォーマットのレースとなったが、ファンが楽しんでくれたならうれしい。



(autosport web)




レース

7/1(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/2(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/3(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※カナダGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン175
2位セルジオ・ペレス129
3位シャルル・ルクレール126
4位ジョージ・ラッセル111
5位カルロス・サインツ102
6位ルイス・ハミルトン77
7位ランド・ノリス50
8位バルテリ・ボッタス46
9位エステバン・オコン39
10位フェルナンド・アロンソ18

チームランキング

※カナダGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング304
2位スクーデリア・フェラーリ228
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム188
4位マクラーレンF1チーム65
5位BWTアルピーヌF1チーム57
6位アルファロメオF1チーム・オーレン51
7位スクーデリア・アルファタウリ27
8位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム16
9位ハースF1チーム15
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第10戦イギリスGP 7/3
第11戦オーストリアGP 7/10
第12戦フランスGP 7/24
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
  • 最新刊
  • F1速報

    第7戦モナコGP号